最新記事

サイエンス

交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

Great White Shark With Massive Bite On Head Was Attacked By Even Bigger Shark

2019年10月18日(金)14時10分
カシュミラ・ガンダー

オスの「バイミー」の頭部には他のサメに噛まれた大きな傷が2つあった Ocearch/R.Snow

<同じ種類のサメ同士の「共食い」もある......海の中では日々サメの死闘が繰り広げられている>

体重450キロを超えるそのオスのホホジロザメは、おそらく交尾をめぐって他のオスと争いになり、頭を噛まれた――。

海洋生物を研究するNGO団体「オーサーチ」は今週14日、オスのホホジロザメ「バイミー」の写真を公開した。バイミーは、アメリカ北東部沖の北大西洋で捕獲され、その後タグを付けて海に放された。

オーサーチは、海の食物連鎖の頂点に立つホホジロザメなどの海洋生物について、行動を追跡してデータを集積し、生態を調べている。

「ホホジロザメは厳しい世界で生きている。何が証拠かって? バイミーの頭の傷を見れば分かる」とオーサーチのフェイスブックの投稿には、10月4日の調査で撮影された写真と共にコメントが書かれている。

バイミーの頭部には2つの傷があり、「1つはもうだいぶ治っているが、もう1つはまだ新しい傷だ」という。

サメの位置情報を提供

オーサーチのサイトには、サメの位置情報を表示するページもあり、誰でもバイミーの行動を観察することができる。

バイミーの全長は3.9メートル、体重は528キロ。通常のホホジロザメは4.6~6メートルまで成長するので、それに比べればやや小さい。

頭部の傷の歯形や顎の大きさから推測すると、バイミーを襲ったのは少なくとも60センチ以上は大きいサメだと、オーサーチのクリス・フィッシャーは話している。「バイミーが頭全体を噛まれたことははっきりしている」

治りかけの下顎を噛まれた傷跡はおそらく昨年の傷だと、フィッシャーは言う。「噛みついたのは全長3.7メートルをゆうに超えるとても大きな生物だ。こんなに大きなサメの頭に噛みつくなんて凄まじい」

ニュース速報

ビジネス

20年イタリア成長見通し、新型ウイルスで下方修正も

ワールド

豪就業者数、1月は3カ月連続で予想上回る 失業率は

ワールド

新型ウイルス、韓国で新たに31人の感染確認 計82

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利引き下げ 景気支援へ

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 8

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 9

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

  • 10

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 9

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月