最新記事

人種対立

写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

'Despicable Me' Actor Fired for Making 'OK' Symbol While Posing With 6-Year-Old Girl at Universal Orlando Resort

2019年10月3日(木)16時40分
カレダ・ラーマン

動画を見つけた数日後、夫妻はこの問題について、ユニバーサル・オーランド・リゾートに連絡したが、「調査中」と言われた。1か月後、再びユニバーサル側に連絡すると、「機密扱いだから教えられない」と言いつつ、ギフトカードと無料チケットの送付を申し出た。ユニバーサルが顧問弁護士を通じて返事をしてきたのを受けて、夫妻も弁護士を雇う。ティフィニーは、ほかの家族が同じような目に遭うことがないように「変化をもたらしたい」と語っている。

本誌の取材に対し、ユニバーサル・オーランド・リゾートの広報担当はOKサインをしたスタッフをクビにしたことを認めた。

「この家族が経験したことは、他のお客様には決して経験させたくないことです」と広報担当のトム・シュルーダーはコメントした。「とうてい許容できず、申し訳なく思っています。同じことが二度と起こらないよう、対策を講じます」

「問題のスタッフはもう当社では働いていません。今後もジンガー家と連絡を取り続け、和解のための努力をしていきます」

反差別団体が「ヘイトの象徴」と認定

OKサインの旗色は悪くなるばかりだ。この件のわずか1週間前には、ニュージーランドのクライストチャーチにあるモスクで銃を乱射して51人を殺害した罪に問われたオーストラリア人の被告が、逮捕後の出廷の際に「OK」サインをしてみせている。

9月下旬には、反差別を掲げるユダヤ系団体の名誉毀損防止連盟(ADL)が、このOKサインを「白人至上主義者をはじめとする極右過激主義者が頻繁に使うヘイト(憎悪)の象徴」として、データベースに登録した。ADLはこのジェスチャーについて、「ホワイト・パワー」を意味するシンボルとして使われていると説明している。

ADLのオンライン・データベース「ヘイト・オン・ディスプレイ」には、OKサイン以外にも、人種差別の悪名高いシンボルが数多く登録されている。白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のガウン、ナチスの鉤十字などだ。

ADLは2000年以降、司法当局や学校をはじめとする多くの人々が、過激主義の活動に使われるサインを認識できるようにするために、独自のデータベースを作成して発表している。現在、データベースに登録されたシンボルは200近くに達している。

(翻訳:森美歩)

20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。

ニュース速報

ワールド

ロシア製ミサイルは破棄しないと米大統領に言明=トル

ビジネス

大型台風で損保の保険金8000億円超に、保険料上げ

ビジネス

アングル:任天堂が国内初の直営店、「非ゲーマー」と

ワールド

中国、香港行政長官に引き続き確固たる支援=外務省

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 4

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 5

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 8

    北京、動くか 香港デモ

  • 9

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 10

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月