最新記事

イギリス

英議会閉会の決断はジョンソンの計算ミス

2019年9月3日(火)19時40分
ヘレン・フォン・ビスマルク

G7に出席したジョンソンは国内向けとは違う顔をのぞかせた DYLAN MARTINEZ-REUTERS

<EUへの交渉カードになるとのもくろみは外れ、足並みのそろわない議員たちを結束させるだけ>

EUとの合意の有無にかかわらず、期限の10月31日にEUを離脱する――そう公言してきたジョンソン英首相が新たな賭けに打って出た。

8月28日、ジョンソンは9月12日から10月14日のエリザベス女王の演説まで議会を閉会することを女王に要請し、承認を得た。議会日程を大幅に縮小することで、合意なき離脱を阻止したい勢力の動きを封じ込める狙いがあるとみられる。だがこの決定は非民主的で憲法違反の恐れもあるとして、与野党双方から批判が噴出している。

ジョンソンはEUと英議会に対する交渉カードとして議会の閉会に踏み切ったのだろうが、思惑どおりになる見込みは薄い。議会の閉会自体は違法ではないが、問題はその期間が1カ月以上と長いことにある。与党・保守党は過半数の議席を持っておらず、野党・労働党を中心とする勢力は審議を通じてジョンソン主導の離脱プロセスにブレーキをかける計画だった。

閉会の決断は、議会主権の原則を軽んじるジョンソンの姿勢の表れだ。ただし、だからと言って彼が合意なき離脱を望んでいると決め付けるのは早い。

ジョンソンは10月17~18日のEU首脳会議で新たな離脱協定案の合意を取り付けたいと考えており、その内容について議会で審議する時間は10月下旬に「たっぷり」あると主張する。このシナリオが現実になれば、反対派は苦渋の選択を迫られる。

新たな協定案に反対すれば、イギリスを合意なき離脱に追い込んだ張本人と非難される。一方、協定案に賛成すれば、強力な指導力によってイギリスを土壇場で救った英雄というジョンソンのイメージ戦略に貢献することになる。いずれにしてもブレグジットは実現され、ジョンソンは自分の都合のいいように手柄を吹聴するだろう。

交渉に応じるEUの思惑

ジョンソンが新たな協定案をEUと再交渉し、それを英議会に諮りたいと本気で考えている可能性も否定できない。国際舞台での彼の振る舞いは国内と劇的に異なるからだ。8月下旬に独仏首脳と会談し、その後G7サミットに出席したジョンソンは、寛大かつ思慮深く妥協点を探る誠実な現実主義者という印象を振りまいていた。また議会の閉会を発表したのと同じ日に、離脱交渉担当者をブリュッセルの欧州委員会に派遣した。

ジョンソンは合意なき離脱に反対する勢力を抑え込むことが、対EUの「切り札」になると考えているようだ。この発想は、英議会が合意なき離脱だけは阻止するだろうと安心しているからこそEU側はイギリスに強硬姿勢を取り続けているのだ、という英議会の認識と一致する。さらにイギリスでは、EUは土壇場で妥協案を受け入れるという予測が広く信じられている。

ニュース速報

ワールド

訂正:米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ

ワールド

フィリピン、新型コロナワクチン購入は政府間取引望む

ビジネス

中国工業部門企業利益、9月は前年比10.1%増に鈍

ビジネス

意見聞いて適時適切な対策講じる=航空各社について赤

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月