最新記事

韓国政治

文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人の怒りを集めるのはなぜか

2019年9月2日(月)18時50分
テジョン・カン

文在寅が次期法務部長官(法相)に指名したが Henrik Montgomery/TT News Agency/via REUTERS

<法相に指名した曺国(チョ・グク)の娘に大学不正入学疑惑などが浮上し、大統領の支持率は就任以来最悪レベルに落ち込んだ。文在寅の致命傷となるのか>

韓国の最新の世論調査の1つによれば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が次期法務部長官(法相)に指名した曺国(チョ・グク)の就任に反対する声が60%に達した。前週は約40%だったことからすると、急激な増加だ。何が変わったのか。

文の「超側近」で民情首席秘書官を務めていた曺については、ここ数週間、疑惑やスキャンダルが噴出してきたが、どれも法相就任を妨げるほどのものではなかった。だが曺の娘に関する一連の疑惑が浮上するにつれて、雰囲気が変わり始めた。

曺の娘は名門とされる高麗大学を卒業しているが、入学の過程で優遇措置を受けた疑いが持たれている。

彼女は高校生だった2008年に檀国大学の医学研究所でわずか2週間インターンをしただけで、有名な医学雑誌に掲載された病理学論文の主要著者として名を連ねた。2010年に高麗大学に筆記試験なしで入学できたのは、この論文のおかげではないかといわれている。

しかも、釜山国立大学医学専門大学院在籍中の2016〜18年には1200万ウォン(約106万円)の奨学金を受け取っている。父親の地位のおかげで大学から特別扱いされたのではないかと疑う声は少なくない。

曺の娘に関する疑惑に国民の怒りは高まっている。さらに言えば曺の法相就任への反対は、彼が重要な役割を果たしてきた文政権が、正義、公正、平等を韓国社会にもたらすという約束を果たしていないことへの失望を示すものだ。

3月の世論調査では、韓国では法が公正に適用されていないと考える人が回答者の88%に上り、韓国で出世することは以前より困難になっていると答えた人が80%いた。

社会に広がる怒りと諦め

さらに回答者の79%は、韓国社会ではいくら努力しても社会・経済的な地位の向上が期待できないと答えた。72%は社会的競争が公正に行われていないと判断しており、64%は不正なことをしても罰を受けない人が多いと考えている。

こうした見方は広く行き渡っており、世代や地域、階層で大きな違いはなかった。言い換えれば多くの韓国人は、韓国社会には個人の力では太刀打ちできないような特権と不公平な慣行がまかり通っていると考えているわけだ。

批判が増大しているにもかかわらず、曺は最近、文政権の司法改革の実施を支援するために法相への就任を目指し、国会の人事聴聞会に出席して疑惑について説明すると表明した。与党「共に民主党」は曺が国民とじかに話をすることができるよう、曺のための別の聴聞会を設けることも検討している。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、1月は横ばい 個人消費の低調継続=C

ビジネス

FRB利下げなら債務返済や借り換えに注力=トランプ

ビジネス

世界経済に中期リスク、一段の金融緩和で解決できず=

ワールド

OPEC、協調減産6月まで延長も 新型肺炎で需要減

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 10

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 9

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月