最新記事

環境問題

A.シュワルツェネッガーが16歳の環境活動家に捧げたプレゼント?

Arnold Schwarzenegger Lends Electric Car to Greta Thunberg

2019年9月26日(木)20時10分
ジェームズ・ウォーカー

大西洋をヨットで横断し、ニューヨークに付いたトゥーンベリ(8月28日) Mike Segar-REUTERS/

<パリ協定を離脱したトランプを批判し、EV普及CMにも友情出演してきたシュワルツェネッガーが、トゥーンベリにあげたものは当然......?>

アーノルド・シュワルェネッガー(72)が、訪米中の環境活動家グレタ・トゥーンベリに電気自動車を貸したことがわかった。トゥーンベリはその車に乗って、次の温暖化反対集会に出るためカナダに移動する。

スウェーデン出身のトゥーンベリは今週、ニューヨークで収録を行ったスウェーデンのトーク番組スカルバンに対し、ハリウッド映画の大スターでカリフォルニア州の元州知事が「いちばん面白かった」と語った。

スカルバンが確認したところによると、9月27日でカナダで行う温暖化反対集会に出席するトゥーンベリの移動手段として、シュワルツネッガーが彼の電気自動車をトゥーンベリとその父親に貸したという。

「たくさんの人が私たちに電気自動車を貸そうと言ってくれた」と、トゥーンベリはスカルバンに語った。そして付け加えた。「いちばん面白かったのは、シュワルツェネッガーがもし私さえよければ彼の電気自動車を使っていいよと言ってくれたことだ」

トゥーンベリは、国連で演説をするためスウェーデンからニューヨークに来たときにも、二酸化炭素の排出量が多い飛行機は使わず、ヨットなど他の手段で移動してきた。

<参考記事><動画>トランプを睨みつけるグレタ・トゥーンベリ鬼の形相
<参考記事>「気候変動が続くなら子どもは生まない」と抗議し始めた若者たち

シュワルツェネッガーは3カ月前に、電気自動車を宣伝するため中古車販売店の販売員に扮し、顧客を煙に巻くコマーシャルに出演したばかり。2017年に地球温暖化防止のためのパリ協定から離脱したドナルド・トランプ大統領を批判してきた。

シュワルツェネッガーがディーラーに扮したCM


20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中