最新記事

環境問題

A.シュワルツェネッガーが16歳の環境活動家に捧げたプレゼント?

Arnold Schwarzenegger Lends Electric Car to Greta Thunberg

2019年9月26日(木)20時10分
ジェームズ・ウォーカー

大西洋をヨットで横断し、ニューヨークに付いたトゥーンベリ(8月28日) Mike Segar-REUTERS/

<パリ協定を離脱したトランプを批判し、EV普及CMにも友情出演してきたシュワルツェネッガーが、トゥーンベリにあげたものは当然......?>

アーノルド・シュワルェネッガー(72)が、訪米中の環境活動家グレタ・トゥーンベリに電気自動車を貸したことがわかった。トゥーンベリはその車に乗って、次の温暖化反対集会に出るためカナダに移動する。

スウェーデン出身のトゥーンベリは今週、ニューヨークで収録を行ったスウェーデンのトーク番組スカルバンに対し、ハリウッド映画の大スターでカリフォルニア州の元州知事が「いちばん面白かった」と語った。

スカルバンが確認したところによると、9月27日でカナダで行う温暖化反対集会に出席するトゥーンベリの移動手段として、シュワルツネッガーが彼の電気自動車をトゥーンベリとその父親に貸したという。

「たくさんの人が私たちに電気自動車を貸そうと言ってくれた」と、トゥーンベリはスカルバンに語った。そして付け加えた。「いちばん面白かったのは、シュワルツェネッガーがもし私さえよければ彼の電気自動車を使っていいよと言ってくれたことだ」

トゥーンベリは、国連で演説をするためスウェーデンからニューヨークに来たときにも、二酸化炭素の排出量が多い飛行機は使わず、ヨットなど他の手段で移動してきた。

<参考記事><動画>トランプを睨みつけるグレタ・トゥーンベリ鬼の形相
<参考記事>「気候変動が続くなら子どもは生まない」と抗議し始めた若者たち

シュワルツェネッガーは3カ月前に、電気自動車を宣伝するため中古車販売店の販売員に扮し、顧客を煙に巻くコマーシャルに出演したばかり。2017年に地球温暖化防止のためのパリ協定から離脱したドナルド・トランプ大統領を批判してきた。

シュワルツェネッガーがディーラーに扮したCM


20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領が就任、「無意味な戦い終結」と団結

ワールド

英オックスフォード大、コロナ変異種に対するワクチン

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

ワールド

極右「プラウド・ボーイズ」のメンバー逮捕、米議会乱

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 4

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 5

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    ドイツで新たな変異種発見か 規制厳格化で隔離義務…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月