最新記事

アート

名車ビートルが残した、アートカーの豊かな歴史

Wild Wheels USA

2019年8月13日(火)17時00分
ジョン・ハイトマン (米デイトン大学名誉教授・歴史学)

ビートルはマニアの創造力を刺激した(2万個を超えるビーズで装飾したビートル) HELEN H. RICHARDSONーTHE DENVER POST/GETTY IMAGES

<ナチス・ドイツがつくり出した国民車は、創造力と自由を刺激する最高のキャンパスだった>

「かぶと虫」に最後の日がやって来た。ドイツの自動車大手フォルクスワーゲンは7月10日、メキシコの工場で小型車「ビートル」の最後の1台を出荷し、その生産を中止した。

ビートルは1938年、安価で高性能な車を国民に供給するというナチス・ドイツの国民車構想の下で誕生。その後80年にわたって世界中で愛されてきた。

メキシコでは「ボチョ」の名で知られ、緑と白に塗られてタクシーによく使われた。フランスでは「コクシネル(テントウムシ)」と呼ばれ、曲がりくねった古い街並みを走ってきた。そしてアメリカでは親しみを込めて「バグ(虫)」と呼ばれ、型にはまらない個性を象徴するようになった。

筆者は大学で「自動車とアメリカンライフ」という授業を担当しているが、最初に紹介する車は世界初の量産車であるT型フォードではない。ハロッド・ブランク監督のドキュメンタリー『ワイルド・ホイールズ』に登場するビートルのアートカーだ。ボディーにさまざまな装飾を施したアートカーは、創意工夫と自由の象徴だと思うからだ。

49年にアメリカに初上陸した当時、ビートルは大半のアメリカ人が初めて見るタイプの車だった。鋭角的で図体が大きくオーバーヒートしやすいアメリカ車と違い、丸みを帯びた形が特徴的で、価格は安いのに優れた性能を備えていた。

自動車にステータスやスピード、馬力が求められた時代に、このキュートな車の評価は真っ二つに分かれた。ロード&トラック誌の69年の調査では、オーナーの過半数がビートルに満足していると答えた一方、馬力不足でスピードが出ないという不満の声も多かった。

だがビートルは一部のファンの熱狂的な支持を集め、馬力を増強させるなどの改造を自分で施す人もいた。車体を使って芸術的センスを表現する人たちも出てきた。その先駆けとなった1人がブランクだ。

廃品を使って飾り立てる

大学で舞台芸術と映画を学んだブランクは、80年代後半にボロボロのビートルを手に入れた。彼はその車体をキャンバスに見立て、運転席のドアにおんどりの絵を描いた。フロント部分には地球儀を、屋根にはテレビ、バンパーにはプラスチックでできたニワトリや果物を取り付け、後部には「権威を疑え」と書かれたステッカーを貼った。

ブランクが「オー・マイ・ゴッド!」と名付けたこの車が火付け役となり、アートカー愛好家のコミュニティーが生まれた。彼らはビートルをはじめとするさまざまな車を、廃品などを使って飾り立てた。

ブランクはその後もビートルを使ったアートカーを制作し、注目を集めた。98年に発表した「ピコ・デ・ガジョ」は、車体をエレキギターやドラム、キーボード、アコーディオンなどで派手に飾り立てた。

ほかにもビートルを使ったアートカーでは、ボディーを針金で作ったものや、無数の小さな電球で覆った車がよく知られている。どの車も、喜びと感動をもたらす方法で人々と触れ合うというアートカーの大きな目標に向けて作られたものだ。愛好家たちは、人々がアートカーから刺激を受け、何でも一定の型にはめたがる世界にノーを突き付けることを期待した。

アートカーには他の車種も使われたが、ブランクをはじめとするアーティストにとって、フォルムの美しいビートルは理想的な「キャンバス」だった。

自分たちが造らせた車が創造性と自由を表現する究極のツールになるとは、ナチスも想像していなかっただろう。

The Conversation

John A. Heitmann, Professor Emeritus of History, University of Dayton

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

<本誌2019年08月13&20日号掲載>

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、関税問題の解決策必要=メルケル独

ワールド

マレーシア、南シナ海での最悪の状況に備える必要=外

ビジネス

バーニーズ、資産売却で合意 オーセンティック・ブラ

ビジネス

エリオットがユニゾに「あらゆる措置」と通告、善管注

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月