最新記事

東京五輪

東京五輪まであと1年 アメリカなど世界の反応は?

2019年8月5日(月)16時30分
安部かすみ

Issei Kato-REUTERS

前回のリオデジャネイロとは対照的な高需要

「東京五輪への関心の高さは記録的」と驚きを隠せないのは、ニュージャージー州に本社を置くコゥ・スポートの担当者。

同社は、オリンピック大会組織委員会の公式パートナーおよび、アメリカなど海外8ヵ国に割り当てられたチケットの正規販売店だ。同社で販売していた全競技のチケットはすべて、現時点で売り切れ状態になっている(東京パラリンピックのチケットは、まだ登録受付中)。

NY Daily Newsは先月、「東京オリンピックのチケット、手に入れた? 比類なき需要の高さで多くが失望」という見出しで、抽選販売で当たらなかった人が続出したことを報じた。「チケットが売れ残り、無料配布までされてしまった前回のリオ・オリンピックとは対照的だ」と同紙。

またオリンピック主催側の関係者の声として、「チケット総数は780万枚」だと同紙。このうち25%はスポンサーや関係者の手に渡り、20~30%は日本以外の国々で販売されているそうだ。非公式だが、AP通信の見積もりでは「日本で購入できるチケット数は400~500万」という情報もある。

いずれによせ、限られたチケット枚数に対してそれを上回る人々が抽選販売の登録し、多くの人が手に入れられずに失望したことを報じた。

オリンピックPR映像は外国人が抱く「ザ・ニッポン」

One year to go!」を合言葉にオリンピック公式サイトではカウントダウンのためのウェブサイトが立ち上がったり、TVの各ニュースで報じられたり、ソーシャルメディアで「#1YearToGo」タグが使われたりと、「あと1年」ムードが徐々に国外でも高まっている。

中でも、YouTube「Olympic Channel」にアップされている「One Year To Go Special | Tokyo 2020」のPR映像が、「海外から見たザ・ニッポン」を50秒にうまく取り入れた内容になっていて興味深い。

富士山、回転寿司、鉄板焼き、コスプレ、渋谷交差点、夏祭り ── これこそ、海外の人々がイメージする今の「ニッポン」なのだろう。

YouTubeやソーシャルメディアに続々と挙げられている情報には、「さすがは日本、準備が着々だ」という意見や、「宇多田ヒカルのファンなので、彼女が歌ってくれればいいのに」など、日本ファンからオリンピックを心待ちにしている意見が多いが、中には「私は放射能のある場所には行かない」「選手に放射能たっぷりの食べ物を食べさせるなんて」といったような、風評被害とも言えるアンチからのコメントも根強く見受けられる。

アメリカでは2020年、五輪より大切なものが待っている

アメリカでは実際のところ2020年というと、オリンピックより大切なことが待っている。「次期大統領選挙」だ。

そもそも私の周囲の人々の反応をみても、次回のオリンピックが東京であるということは充分に認知されているが、「オリンピック? 次回はいつ開催だっけ?」といったような意見や「来年? 何月ごろにあるの?」というレベルの質問が出るくらい、現時点では「まだ」東京オリンピックについての一般的な人々の認知度や関心は低い。

「来年の夏ごろ、旅行で東京に行きたい」という友人がいたので、「オリンピックを観に行くの?」と聞いたら、「オリンピック?そうだったっけ? その時期は旅費も高くなるので、時期をずらそうかしら」というコメントもあった。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 8

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月