最新記事

朝鮮半島

北朝鮮、元山付近から飛翔体2発発射 夏の米韓合同軍事演習へのけん制か

2019年7月25日(木)11時02分

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が早朝、東部元山付近から未確認の飛翔体を少なくとも2発発射したと発表した。写真は昨年4月、韓国側から撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が25日早朝、東部元山付近から短距離弾道ミサイルを2発発射したと発表した。

韓国国防省の当局者がロイターに語ったところによると、ミサイル1発は海上を約430キロ飛行し、もう1発は690キロ飛行した。いずれも高度は50キロに達した。690キロ飛行したミサイルは新たな形態とみられており、詳細な分析が行われているという。

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、6月末に南北の非武装地帯で行った3回目の首脳会談で非核化を巡る協議再開で合意したが、弾道ミサイル発射は協議再開の見通しに影を落としそうだ。

ホワイトハウスと米国防総省、米国務省はコメントの求めに応じていない。

米政権の高官は「北朝鮮から発射された短距離の飛翔体に関する報道は承知している。それ以上のコメントはない」と述べた。

韓国大統領府は声明を発表し、同国はミサイルが発射される前に関連する兆候をとらえていたとし、米国と詳細な分析を行っていると説明した。

共同通信によると、日本政府は短距離弾道ミサイルであることを確認。安倍晋三首相は日本の安全保障に直ちに影響を与えることはないとの認識を示した。

日本の防衛省は、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていないとしている。

韓国訪問を終えたばかりのボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は25日朝にツイッターで、韓国政府当局者らと地域の安全保障や同盟関係の強化について「生産的な会合」を開いたと述べたが、北朝鮮のミサイル発射については触れなかった。

米朝は非核化を巡る実務協議を近く開始することで合意していたが、北朝鮮はその後、米韓が今夏に予定する合同軍事演習を強く非難。

北朝鮮外務省報道官は今月、米韓合同軍事演習が夏に実施されれば、米朝実務者協議に影響すると警告。「米国が約束を守らないのであれば、我々が(1回目の米朝首脳会談での)合意にとどまる理由は薄れる」とも述べた。

米シンクタンク「センター・フォー・ザ・ナショナル・インタレスト」のハリー・カジアニス氏は「北朝鮮は明らかに、米韓が合同軍事演習を実施することに憤慨している」と指摘。

「(ミサイル発射)に衝撃を受ける必要はなく、むしろ想定すべきだった」と述べた。

北朝鮮による直近の兵器実験は5月で、短距離ミサイルと小型のロケットだった。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は23日、金委員長が、ミサイルプログラムを主導する当局者らを伴って、新たに建造された大型潜水艦を視察したと伝えた。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発継続を示唆している可能性がある。

韓国外務省の朝鮮半島平和交渉本部長を務めたキム・ホンギュン氏は「ミサイルの発射、軍事演習の非難、新たな潜水艦を通じ、北朝鮮は明確なメッセージを送っている。米国がより柔軟な姿勢を示さなければ、作業レベルの協議はないかもしれないというものだ」と語った。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン


Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20190730issue_cover200.jpg
※7月30日号(7月23日発売)は、「ファクトチェック文在寅」特集。日本が大嫌い? 学生運動上がりの頭でっかち? 日本に強硬な韓国世論が頼り? 日本と対峙して韓国経済を窮地に追い込むリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路に迫ります。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月