最新記事

イラン

石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

2019年6月17日(月)11時40分
ジョシュア・キーティング

爆弾で船体に穴が開いた日本のタンカー U.S.NAVY-REUTERS

<一連の攻撃の黒幕がイランで、米政府の「最大級の圧力」に対する反撃だとしても......>

アメリカとイランの緊張が高まっている最中、アメリカの同盟国が所有する石油タンカーが6月13日、イラン沖合のオマーン湾で攻撃を受けた。

攻撃があったのは地政学的な要衝とされるホルムズ海峡に近く、ポンペオ米国務長官はイラン政府の関与を断言した(イランは否定)。被害を受けたのは日本と台湾の企業が所有するタンカー2隻で、機雷などの爆弾に攻撃された。日本の安倍首相がイランを訪問中に日本のタンカーが襲われたことは特筆すべきだろう。(本誌10ページと36ページに関連記事)

米政府高官がどのような情報に接したのかは不明だが、イランはかねてアメリカによる制裁の報復として、世界の海上石油輸送の3割が通過するホルムズ海峡を封鎖すると脅してきた。実際、このところ同地域の石油関連施設に連続攻撃が行われており、5月にはイランから資金や武器の支援を受けるイエメンのイスラム教シーア派武装組織ホーシー派が犯行声明を出した。

magperi190617tanker-2.jpg

煙を上げる台湾のタンカー ISNA-REUTERS

一連の攻撃の黒幕がイランで、米政府の「最大級の圧力」に対する反撃だとしても、イランはホーシー派を隠れみのに使って自身の関与を否定できる。そして、アメリカが全面的な武力行使に出るほどの攻撃には至っていない。

これまでトランプ米大統領はイランが「正式な終焉」を迎えると脅してきたが、今のところはイランが交渉に応じるか、経済制裁の圧力で体制が崩壊することを期待する一方で強硬姿勢を軟化させている。アメリカの国民や国益が直接的な被害を受けない限り、トランプがイランを攻撃することはないだろう。

これが意味するのは何か。中東におけるアメリカの同盟国、とりわけこれまでイランに対して強硬姿勢を取るよう米政権に促されてきた国々が、その方針に対する最も大きなしっぺ返しを受ける、ということだろう。

© 2019 The Slate Group

<2019年6月25日号掲載>

magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月