最新記事

韓国

韓国は米中の板挟みに ファーウェイ排除で韓国経済は大打撃

2019年6月4日(火)16時30分

正念場

韓国の政府当局者やIT企業幹部は、長期的に心配の種は無数にあるという。

中国は、韓国にとって2018年輸出の26.8%を占める最大の貿易相手国だ。対する米国向け輸出は12%にとどまった。

ファーウェイ1社だけで107億ドル(約1兆1700億円)相当の韓国製品を昨年購入しており、中国に輸出される韓国製IT部品の17%を占めていたことが、韓国政府とファーウェイのデータから明らかになった。

世界2位の半導体メモリーメーカーである韓国SKハイニックスの最大顧客もファーウェイだ。

テクノロジー貿易戦争が激化する中で、韓国は米中2大国の間でバランスを取ることは難しいと指摘する専門家もいる。

「韓国は、米国か中国かを選ぶ正念場を迎えている」。延世大の中国学教授で、上海総領事も務めた経験のある韓碩熙(ハン・スッキ)氏は、こう指摘する。

「もし米国が、ファーウェイ製品の使用中止だけでなく、韓国製半導体を中国に輸出しないよう要請してきたらどうするのか。政府は、この最悪シナリオに備えなければならない」

米政府は同盟国に対し、5G通信網導入にあたってファーウェイ技術を採用すれば、機密情報の共有を控える可能性を警告している。

韓国大統領府は、米国との協議内容についてはコメントできないとしている。

事情に詳しい韓国政府筋は、簡単な解決策はないと話す。

ファーウェイ封じに参加するかとの質問に対し、「すまないが、われわれは米国ではなく、米国が中国にしていることを、そのままやるわけにはいかない」と同政府筋は話す。「結論を急ぐ訳にはいかない」

韓国の通信事業者で唯一、ファーウェイの5G技術を採用しているLGユープラスは、コメントの求めに応じなかった。

ファーウェイ側は、韓国との協力関係へのコミットメントとして、30日に韓国に5G研究所をオープンした。

「ファーウェイは、『韓国で、韓国の進歩のために』という理念を掲げている」。ファーウェイのアジア太平洋地区責任者の田峰氏が、前述したイベントでそう述べていた、とその場にいた韓国政府当局者は語る。

ニュース速報

ワールド

GoToトラベル、地域経済の支援策で極めて有力=菅

ワールド

中国の滴滴出行、メキシコで女性運転手が女性客選べる

ワールド

バイデン次期政権、「米国第一」主義と決別 各国と協

ビジネス

米原油先物は小幅安、米原油在庫が予想以上に増加

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 6

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月