最新記事

仮想通貨

フェイスブック版仮想通貨は誰も信用しない?

2019年6月4日(火)18時45分
ジェイソン・マードック

フェイスブックにあなたの財布を握らせる覚悟は? DADO RUVICーREUTERS

<社内で「グローバルコイン」と呼ばれる仮想通貨が来年初めにも十数カ国で利用できるようになるかもしれないが、問題は誰もフェイスブックを信用していないこと>

フェイスブックが独自に開発している仮想通貨――社内で「グローバルコイン」と呼ばれている――が、20年第1四半期にも十数カ国で利用できるようになるかもしれない。

BBCによると、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOはイングランド銀行(英中央銀行)総裁と面談。米財務省にも法的な助言を求めている。

ソーシャルメディア業界に詳しいマット・ナバラは次のように指摘する。

「フェイスブックには、実現可能な仮想通貨を構築する技術的および経済的資源がある。問題は信用だ。今は誰もフェイスブックを信用していない。彼らがユーザーの金融とそれに伴う情報に手を付けようとしていることに、規制当局もユーザーも、ことさら警戒するはずだ」

自前の仮想通貨は、フェイスブックに新たな収益の流れを生むとも、ナバラは言う。「独自の送金プラットフォームを持てば、ユーザーや消費者の行動を推察する大きな情報源になって、製品の開発に利用でき、広告主に売り込むこともできる」

<本誌2019年6月11日号掲載>

20190611issue_cover200.jpg
※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。


ニュース速報

ワールド

トランプ氏が11人恩赦、元イリノイ州知事やジャンク

ビジネス

米ウーバー、ロサンゼルス事務所を閉鎖

ビジネス

テスラと中国CATL、コバルトを含まないEV用電池

ワールド

トランプ米大統領、東京五輪出席を検討

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 5

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 6

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月