最新記事

M&A

FCA=ルノー統合撤回、ゴールドマンサックス人脈によるM&Aチームの敗北か

2019年6月7日(金)11時52分

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏ルノーの統合撤回は、大手投資銀行ゴールドマン・サックスの現役社員と元社員の間で築かれた強力なネットワークによってフランス政府の支持を取り付けるという試みが、失敗に終わったという一面があった。写真はルノーのロゴの前を歩く男性。仏ナント近郊のディーラーで3日撮影(2019年 ロイター/Stephane Mahe)

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏ルノーの統合撤回は、大手投資銀行ゴールドマン・サックスの現役社員と元社員の間で築かれた強力なネットワークによってフランス政府の支持を取り付けるという試みが、失敗に終わったという一面があった。

FCAの主取引金融機関は、前最高経営責任者(CEO)の故セルジオ・マルキオンネ氏に食い込んでいたUBSだったが、ルノーとの統合計画に関してはゴールドマンがUBSを押しのけて主幹事を獲得した。

一方、ルノーのアドバイザーは、ニューヨークを拠点とする企業合併・買収(M&A)助言専門投資銀行アルディア・パートナーズで、2016年に設立したのはゴールドマン出身のクリス・コール氏だった。コール氏はゴールドマンに30年間在籍し、投資銀行部門の共同会長も務めている。

統合交渉に関与したある関係者は「この案件は互いにずっと前から気心が知れている友人間で練り上げられた。しかしそうした関係性や豊富な銀行業の経験にもかかわらず、うまくいかなかった」と述べた。

コール氏はルノーのために統合交渉に直接加わった一方、FCA側はゴールドマンのフランソワ・ザビエル・ド・マルマン投資銀行部門会長がその相手役になった。

この2人は、やはりゴールドマン出身でフランスのM&A助言専門投資銀行ダンジェランのローラン・クラレンバッハ氏と緊密に連携して話を進めていた。ダンジェランは、創設者のブノワ・ダンジェラン氏がマクロン仏大統領と親しい関係にあるため、FCAが招き入れた。

こうした布陣を敷いた両社のアドバイザー陣営は、交渉成功に自信満々だった。複数の関係者によると、これら「ゴールドマン人脈」の効果で、統合案が公になる前にフランス政府の支持を得られるとの期待が出ていたという。

ところが今回は、フランス政府が新会社の経営に対するより強い発言権を求めた上に、ルノーと連合を組む日産自動車の抵抗もあって、ゴールドマン関係者の力さえ及ばなかった。

1人目の関係者は「案件の複雑性をうまく処理できなかった。また日産を蚊帳の外に置いた作戦も裏目に出た」と指摘した。

フランスのルメール経済・財務相は、交渉を進める主な条件の1つとして日産の支持を挙げたものの、FCAとアドバイザーは日産からの支持を取り付けるための根回しをせず、リークを避けようとして日産に情報を流さなかったのだ。

日産に近い筋は「最初から準備不足だった。FCAのアドバイザーは日産をのけ者にして、数日間でフランス政府の承認を得られると思っていた」と語った。

[ロンドン 6日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月