最新記事

2020米大統領選

トランプ、2020年米大統領選への出馬を正式表明

2019年6月19日(水)12時40分

6月18日、トランプ米大統領はフロリダ州オーランドで選挙集会を開き、2020年大統領選への出馬を正式に表明した(2019年 ロイター/Carlos Barria)

トランプ米大統領は18日、フロリダ州オーランドで選挙集会を開き、2020年大統領選への出馬を正式表明した。

数千人の支持者を前に「2期目再選に向けて選挙戦を正式に開始する」と述べ、「あなた方を決して失望させないと約束する」と語った。

また「われわれは崩壊した既成政治にともに立ち向かい、国民による国民のための政府を取り戻した」とし、「このチームを維持する限り、前途は極めて有望だ。われわれの将来はこれまでになく明るく、鮮明だ」と述べた。

一方、民主党候補が勝利すれば米国を大きく様変わりさせ、メキシコ国境から入国する不法移民を合法化することで民主党の支持基盤を拡大しようとするだろうと指摘した。トランプ氏は2016年大統領選でも不法移民の脅威を警告し、対策を公約していた。

演説でトランプ氏は、民主党は「われわれが知る米国(のあり方)を破壊したがっている」が、「それは実現しない」とコメント。「米国は、外国の犯罪者ではなく、法律に従う市民にとっての聖域になるべきだ」と訴えた。

民主党の対立候補らを「過激な左派集団」と呼び、「2020年に民主党候補に票を投じれば、過激な社会主義の台頭やアメリカンドリームの破壊に票を投じるも同然だ」と強調した。

選挙集会にはメラニア夫人やホワイトハウス幹部らも出席した。

トランプ氏は1時間20分に及んだ演説で、メディアは「フェイク(偽)ニュース」を伝えていると批判したほか、景気の力強さを自身の実績として強調した。通商問題で中国に圧力をかけ、宇宙軍の創設を推進するといった政策にも触れ、国民の武器を保有する権利を守ると約束した。火星探査を目指す意向も示した。

モラー特別検察官によるロシアの2016年米大統領選介入疑惑捜査については、「政治史上最大の魔女狩りを経験した」と述べ、改めて不快感を表明。「大統領選の結果をひっくり返すために企てられた不法行為だった」と主張した。

6月11日公表のロイター/イプソスの調査によると、トランプ大統領の支持率は40%、不支持率は57%。他の世論調査では、主要な激戦州でバイデン前副大統領をはじめとする民主党の有力候補がトランプ氏を支持率で上回る状況が続いている。

[オーランド(米フロリダ州) ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月