最新記事

英政治

次期イギリス首相を狙う11人の下馬評は

Who Will Replace Theresa May?

2019年6月15日(土)13時40分
ジョシュア・キーティング

■アンドレア・レッドサム(前下院院内総務)
▼オッズ:8倍

前回の16年の党首選では、議員の投票でメイに次ぐ2位だった。ところが、子供がいる自分は子供のいないメイよりもイギリスの将来に利害があると発言し、物議を醸した。

元投資銀行家で、デービッド・キャメロン前首相とメイの政権で数々の閣僚を歴任。他のブレグジット支持者よりも長期にわたりメイの支持者として残っていたが、メイが辞任を表明する2日前に下院院内総務を辞任した。

ブレグジット支持派の中では最も強硬かもしれない。メイの離脱協定は死んだも同然だと発言し、再交渉には興味がない。代わりに、離脱後に他のヨーロッパ諸国との重要な問題に関して一連の特別な対応を求めるという「管理された合意なき離脱」シナリオを支持している。

EU側はそのような合意には興味がないとしているが、それでも10月31日までに再交渉が可能と約束する候補者よりもレッドサムのほうが現実的だろう。

■ドミニク・ラーブ(前EU離脱担当相)
▼オッズ:20倍

メイとEUとの交渉を監視する立場にあったラーブは、11月にメイが離脱協定案を公表したとき、抗議の意味で辞任した。ブレグジットに関する現在の立場はジョンソンと似ており、離脱協定の再交渉は試みるが、うまくいかなかったら合意なしで離脱するというものだ。

しかし彼はさらに踏み込んで、合意なき離脱を実現するために、議会の決定を覆すことを示唆。法人税率引き下げと公立学校の民営化を支持するラーブの立場は、保守党の穏健派にとってジョンソンよりも受け入れ難い。

■エスター・マクベイ(前雇用・年金相)
▼オッズ:100倍

マクベイはラーブと同時期にメイ内閣を辞任。それ以来、なんとしても首相になろうとして、労働者階級の票を取り戻すことを目的としたブルーカラー保守主義の運動グループを立ち上げ、パブ巡りを開始した。

しかしマクベイは出馬表明以来、散々な目に遭っている。EU離脱の最大の障害となっているアイルランド共和国と北アイルランドの国境管理に関して、そこには「見えない国境」があり得ると語り、嘲笑を買った(多くの候補者が「テクノロジーによる解決」などと曖昧な表現でごまかしていた部分を分かりやすく言い換えようとして失敗したようだ)。

さらに彼女は、性的少数派のカップルについて学校で行われる討論に、子供を参加させない親の権利を擁護したことで反発を受けた。

ニュース速報

ワールド

高い緊張感持って感染状況を注視している=コロナ感染

ワールド

東京のコロナ新規感染224人、過去最多も政府は緊急

ビジネス

中国は貿易の安定と企業支援打ち出す必要─胡副首相=

ワールド

日本政府、2国間協議持たない国の新たな石炭火力発電

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月