最新記事

中国映画界

中国公認の反逆児、ジャ・ジャンクーの次なるビジョン

Inside Man

2019年5月29日(水)12時30分
ダニエル・ウィトキン(映画評論家)

賈樟柯は社会を厳しく批判しつつも娯楽性の高い映画作りにこだわる(昨年のニューヨーク映画祭で) NICHOLAS HUNT/GETTY IMAGES

<鋭い社会批判と大衆受けの絶妙なバランスで高く評価される監督は中国映画「第3の道」を目指す>

どんなにパンクな反逆児も、いずれは体制側に回る(あるいは同化される)もの。それは時の流れや季節の移ろいと同じくらい自然なことなのだろう。

しかし今の中国では、時の流れも定まらない。時代は激しく動き続け、その政治や文化の未来は予測不能な権力闘争に左右される。

そんな中国にあって、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)は独立系映画人の理想形と言えるかもしれない。今や中国を代表する世界的な映画監督であり、評論家にも一般の映画ファンにも受けがいい。その社会批判の姿勢と独特のリアリズムは政府の御用映画とはもちろん違うし、素晴らしい史劇で国際的な評価を勝ち得てきた張芸謀のような、いわば一世代前の中国人監督とも違う。

最新作『帰れない二人』は芸術性と大衆性を兼ね備えた意欲作で、その興行収入は国内だけで既に1000万ドルを超える(日本公開は今年9月の予定)。中国のアート系映画としては立派な数字だ。社会批判を繰り出しながらも反体制の烙印を押されることは回避し、より多くの人に見てもらえる映画を作ろうとする賈らしさが最も鮮明に表れた作品と言える。

デビュー作は1997年公開の『一瞬の夢』。国の援助を受けずに撮った(中国映画の大半は公的な支援制度の下で制作されてい る)。制作費は約5万ドルで、ロケ地は監督の故郷である山東省の汾陽。これが予想外にヒットしたことから、日本の映画会社のオフィス北野と提携することになった。

オフィス北野の出資を得て完成させたのが、2000年公開の『プラットホーム』だ。中国が大きく変貌する時代を背景に、汾陽の小さな文化劇団の団員たちが都会へ出て、ブレークダンスなどのパフォーマンスを披露する人気グループへと変身するまで の10年を描いた作品で、中国映画における新時代の到来を告げるものだった。

独立系の旗振り役として

とかく画一的で美化されたイメージを好む一党独裁国家の監視下でも日常生活の荒々しい一面を描き切った『プラットホー ム』を、カナダの映画誌シネマスコープは「21世紀の最初の10年で最高の作品」と評した。2013年には米フォーリン・ポリシー誌が賈を「グローバルな思想家100人」に選出し、この監督は「不平等や腐敗の拡大といった社会問題に目をつぶりがちな 自国の映画人に憤りを抱いている」と書いた。

国外での評価が高まるにつれ、国内での知名度も上がった。彼より前の世代の映画監督は、国内で公開できないことを承知で 国外で撮るか、政府の認める範囲で娯楽映画を撮るかの選択を迫られてきた。しかし、賈は第3の道を切り開いた。

今では国の補助金も受け入れている。『帰れない二人』では オフィス北野やフランスの映画会社のほかに、中国の国営映画会社である上海電影集団公司から出資も受けた。国内で上映するための検閲も受けている。

0528p65-02.jpg
最新作の 『 帰れな い二 人 』( 左が主役の趙濤)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、ブラジル次期大統領をホワイトハウスに招

ワールド

中国ハッカー集団、米コロナ救済資金数千万ドルを盗難

ワールド

ウクライナ全土へのロシア攻撃、プーチン氏の残虐性示

ビジネス

米ISM非製造業指数、11月は予想外に上昇 雇用が

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月