最新記事

宗教

「聖地火災」を西欧・イスラム協力の契機に

Repairing Our Sacred Spaces

2019年5月18日(土)15時00分
クレイグ・コンシダイン(米ライス大学講師)

共通点に目を向ける機会

イスラム教徒とアル・アクサーのつながりにも同じことが言える。このモスクは1日5回の祈りを捧げるためだけの場所ではない。アル・アクサーもノートルダムと同様、宗教対立、戦争、占領が絡み合う複雑な歴史を持っている。

ビザンチン帝国時代の建築物の敷地を使ってイスラム帝国の初期に建てられたアル・アクサーは、ユダヤ教、キリスト教との連続性、その完成形としてのイスラム教を意識していた。その後、モスクの支配者はウマイヤ朝、アッバース朝、シーア派のファーティマ朝と交代した。

11世紀には中央アジアからやって来たスンニ派のセルジューク朝の支配下に入り、次いで西ヨーロッパから侵入した十字軍に占領された。16世紀初頭にはオスマン帝国のスルタン、セリム1世がマムルーク朝を滅ぼしてエルサレムを占領し、オスマントルコは第一次大戦まで支配を続けた。

magw190518-sacred02.jpg

エルサレムのアル・アクサー・モスク前で祈るイスラム教徒 Faiz Abu Rmeleh-Anadolu Agency/GETTY IMAGES

第一次大戦後、アル・アクサーはエルサレムと共に大英帝国の管理下に入った。現在はイスラエルの占領下にあり、パレスチナのイスラム教徒だけでなくウンマ(イスラム共同体)全体に暗い影を投げ掛けている。

アル・アクサーの火災は小さいものだったが、ノートルダム大聖堂の惨状を目の当たりにしたキリスト教徒とよく似た感情をイスラム教徒に抱かせた。2つの神聖な施設はキリスト教とイスラム教の多様性に加え、人類共通の美点と悪しき面を浮き彫りにするものだ。両者は文明の衝突、革命の栄光、国民国家と帝国の台頭、そして虐げられた人々の自由と独立のための闘争を象徴している。

今回の火災はキリスト教徒とイスラム教徒にとって、信仰の重要性に思いをはせ、先人たちの偉業を振り返る機会になる。おそらくもっと重要なのは、キリスト教徒とイスラム教徒が聖なる施設の修復のために互いに協力することだ。

両者の間には、一神教の伝統や世界最高レベルの宗教施設で祈りをささげる特権以外にも、共通点がたくさんある。苦闘の中でもがき、嘆き悲しみ、希望を抱き、神に祈る――それはどんな宗教でも変わらない人間の営みだ。

<本誌2019年05月21日号掲載>

20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月15日号(6月22日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


ニュース速報

ビジネス

FRBの利上げ予想、低金利見通しに影響せず=ホワイ

ビジネス

米、国際最低税率で中国の例外扱いに同意せず=財務長

ビジネス

バイオジェン・エーザイのアルツハイマー新薬、米病院

ワールド

緊急事態宣言、沖縄除き解除へ 東京などまん延防止移

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月