最新記事

中東

リビア民兵組織将軍の、裏目に出たトリポリ進軍作戦

Haftar's Miscalculated Attack

2019年5月4日(土)14時20分
ジェーソン・パック(コンサルティング会社「リビア・アナリシス」創業者)、マシュー・シンケズ(同研究員)

LNAのハフタル将軍(写真中央)は、最近政治力も付けていて戦わずして権力を握る道もあったはずだ Esam Al-fetori-REUTERS

<内戦の雄として政治力も兼ね備えたハフタル将軍が、首都陥落という勲章欲しさに勇み足を踏んだ>

東西両政府の分断が続くリビア内戦に新展開があった。東部を支配する民兵組織「リビア国民軍(LNA)」のハリファ・ハフタル将軍が、西部の「国民合意政府」が支配する首都トリポリを武力制圧すると宣言したのは4月4日のこと。早くも複数回の空爆を行い、住民2000人以上が市外へ脱出している。

なぜハフタルはこの時期に軍事攻勢を選んだのか。彼の率いるLNAは国内最強の武装勢力だが、最近のハフタルは政治力も付けていて、戦わずして権力を握る道もあったはずだ。4月14~16日に予定されていた国民会議(国連主導で内戦終結と大統領選挙に向けた枠組みを決める会議)では、最強の政治指導者と認知される可能性が高かった。なのに彼は首都への進軍を決めた。

およそ合理的な戦略とは言えない。ハフタルは強さを誇示したい幻想に酔っている。だから選挙や交渉ではなく、戦闘なり策略なりで国家指導者の座を得たいと思っている。

過去にハフタルと会ったことのある外交官やジャーナリストに聞いてみればいい。

アメリカ政府のリビア特使だったジョナサン・ワイナーは、「彼とは16年に会ったが、『この国の政治家は信用できない、まだリビアに民主主義は早い』と言っていた」と語る。「とにかく軍事的な勝利を積み重ね、自分以外の選択肢がなくなるような状況を生み出す。それがハフタルの戦略だ」

何度もハフタルに取材したというジャーナリストも同意見だ。「15年には東部マルジュの司令部で虚勢を張っていた。自分は大統領になるだけでなく、国内のイスラム原理主義勢力を皆殺しにしてやる、と」

油田の守り神への期待

平和的な政権交代を実現するに適した人物の言葉とは思えない。11年のカダフィ政権崩壊以降、いわば「はぐれ将軍」のような立場から国際社会で一目置かれる有力政治家へと変身してきた男が、また武闘路線へと回帰してしまった。

だが戦況は思わしくない。4日の宣言から数日の間にLNA兵145人と車両60台が西部政府の民兵勢力に捕らえられた。待ち伏せ攻撃を受けて敗走したLNAの部隊もある。

国際社会でも四方八方から非難の声が上がっている。これでハフタルも思い知るだろう。諸外国が彼を支持してきたのは、彼が戦闘に固執せずに支配地を広げてきたからなのだ。

トリポリへの進軍に伴うリスクは十分に承知していたはずだ。内戦開始以来、東部のデルナとベンガジでイスラム過激派と熾烈な市街戦を何年も続けてきた。昨年までに奪還したが、人的・経済的な損失はあまりに大きかった。

だから今回の進軍宣言も口先だけで、ひとまずトリポリは包囲するが流血の事態は避けるつもりだったのかもしれない。しかし、それだけでも国際社会や国内の有力部族から見放される恐れがある。

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月