最新記事

フランス

ノートルダム大聖堂、再建への道は遠い

“This Restoration Will Take at Least a Decade”

2019年4月26日(金)13時00分
マイケル・ハーシュ(フォーリン・ポリシー誌記者)

火災発生翌日のノートルダム大聖堂の中には、崩れ落ちた屋根が CHRISTOPHE PETIT TESSONーPOOLーREUTERS

<独特の建築様式と「経年劣化」がネックに――火災で屋根全体が崩落した大聖堂の危うい現状>

めったにない手法でパリのノートルダム大聖堂の研究を究めた人物――それが米デューク大学のキャロライン・ブルゼリアス名誉教授(美術・美術史)だ。

ノートルダム大聖堂は4月15日夜に大火災に見舞われたが、幸いにも全焼という悲劇は免れた。それでも、ブルゼリアスだからこそ分かっていることがある。この大聖堂は今も非常に危うい状態にあるのだ。

ゴシック様式大聖堂の専門家であるブルゼリアスは、大規模清掃作業のためノートルダム大聖堂に足場が組まれた約40年前、この信仰の場を徹底的に調査。のちに、建築構造上の利点と弱点を詳しく検証する学術論文を執筆した。

再建への道のりはどれほど厳しいものになるのか。火災発生の翌日、フォーリン・ポリシー誌記者マイケル・ハーシュがブルゼリアスに話を聞いた。

***


――火災による被害は、昨夜の時点で危惧されたほどひどくはなかったようだが。

損壊の規模と箇所を正確に把握するにはかなり時間がかかるだろう。(大聖堂には)ステンドグラスや祭壇があり、構造面や建築面の要素もある。それぞれの分野の専門家に分析してもらわなければならない。

私が特に懸念しているのは石材でできた壁の状態だ。今回の火災は大規模で、炎は極めて高温だった。石が燃えることはないが、高熱によって深刻な損傷を受ける場合がある。ボールト(アーチ状の天井部)と壁面上部を全て、詳しく調べなければならない。

断言はできないが、再建には少なくとも10年はかかると予想する。重要な点は建物を覆うことだ。現在むき出しになっているボールトの上部表面、そして建物の下階を水や悪天候から保護する方策を講じなければ。

――あなたはノートルダム大聖堂の構造や歴史を調査しているが、火災直前の時点で大聖堂はどの程度まで脆弱だったのか。火災発生時に改修工事が行われていたのには、それなりの理由があったはずだ。

訪問者の目に付かない箇所で修復が急務になっていた。具体的に言えば、ボールト上部と屋根の間に位置する巨大な木製の骨組みだ。

この部分の木材は古く、何世紀にもわたって夏場は熱せられ、冬場は凍り付き、非常に燃えやすくなっていた。今回の火災がこれほどひどかったのはそのせいだ。古い木材が激しく燃え、次から次に火が移った。

――それでも、多くが焼失を免れたのは奇跡のようなもの?

そのとおり。昨夜遅くに大聖堂内の画像を見たときは本当に安心した。崩落した尖塔や梁が突き刺さったボールトは、ごく少数だったようだ。

残りのボールトがどうなっているか、今はまだ分からない。鎮火後も、構造が弱体化しているために何かが崩れ落ちてくる恐れがある。

ゴシック様式の大聖堂は力学を活用した構造になっている。外へと押し出すボールトを、フライング・バットレス(飛梁)が内側に押し返して支える仕組みが損なわれたら、とても危険な状態になりかねない。

――大聖堂内に納められていた聖遺物の多くも、ステンドグラスの傑作「バラ窓」も無事だったようだ。

とてもうれしいニュースだ。問題になるのはどこが集中的に燃えたか、だ。ノートルダムの最も美しい窓のいくつかは、北翼廊と南翼廊に位置していた。それらが残ったのなら、ひざまずいて感謝しなければ。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月