最新記事

ヘルス

男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する:スイス研究結果

2019年4月19日(金)14時00分
モーゲンスタン陽子

MRI装置の人と犬の共用の調査から偶然発見された...... FXQuadro -iStock

タフな印象を与え、一部の男性や女性に根強い人気を誇る男性のあごひげ。しかしながらこのたび、スイスのある調査で、なんと人間男性のあごひげから、犬の毛よりも多くの細菌類が発見されたことがわかった。

人間と犬の医療機器共有はOK?

この研究結果は、なかば偶然に発見されたものだ。ドイツの医療専門誌エアツテ・ツァイトゥングによると、スイスではMRI(核磁気共鳴画像法)装置などに空きがある場合、ペットの治療目的で犬などに使用を許可することもある。とはいえ、高額医療装置のペットへの使用件数は非常に少なく、使用後は徹底的な消毒もなされるが、それでも人間用の医療機器を動物と共用することに不安を感じるひともいる。そこで、犬の毛から人間男性のひげに細菌が感染する可能性があるかの調査を始めたところ、今回の発見に至った。

調査の行われたスイスのチューリッヒ近郊のクリニックでは、毎年約8000人のスキャンに加え、ときどき犬のスキャンも行っている。今回の調査で対象となったのは18人の男性ボランティアと、16種30匹の犬。サンプル数はさほど多くない。人間男性の年齢は18歳から76歳、平均年齢36歳。犬の平均年齢は3.8歳で、犬年齢で人間の平均と近くなっている。

人間のひげと犬の首回りの毛からサンプルを取り調べたところ、人間の全員から、大量の細菌類が発見された。一方、犬で同程度の細菌が発見されたのは30匹中23匹だった。口内も調べたが、人間のほぼ全員から大量の細菌が発見された一方で、犬では30匹中12匹だった。

ほとんどは深刻な心配をする必要のないバクテリアだが、人間の被験者7名からは黄色ブドウ球菌などの危険な細菌も発見された。一方、犬では4匹に大腸菌などが見られただけだった(エアツテ・ツァイトゥング)。

すぐにひげをそる必要はない

研究を率いたアンドレアス・グートザイト教授は、「これらを鑑みると、犬はあごひげを生やした人間男性より清潔であると考えられる」と指摘する(BBC)。また、犬の使用後にはMRI装置の徹底的な消毒が行われるが、人間の患者がたて続けに入る場合に綿密な消毒が行われるとは言い難いだろう。筆者もドイツで膝のMRI検査を受けたことがあるが、前の患者との間隔は非常に短かった。

研究結果を受けて、インターネットではさっそく不当なひげ差別に抗議する声があがった。また、同教授自身も、すぐにひげを剃る必要はないと言っている。細菌は人体のどこにでもいるものだし、紙幣など日常的に触れるものにも多数確認できることはこれまでにも頻繁に報告されている。

実は、だいぶ以前にもアメリカで似たような研究がなされている。その時も、一部の人のあごひげは「トイレより汚い」だとか、「キスでも移る」などと騒がれたが、そちらも同様にサンプル数が少なかった(シュピーゲル・オンライン)。さらに、2009年の『サイエンス』誌は、最大の臓器である皮膚からは205種のさまざまな細菌類が1000以上見つかったが、それらの多くは顔や脇の下ではなく、前腕で見つかったと指摘している。

女性はあごひげがお好き?

男性のあごひげには巻き毛が多く、食べ物の屑などが残りやすいことも原因のようだ。いっそのこときれいさっぱり剃ってしまうのが楽かもしれないが、タフでワイルドな印象を与えるあごひげは「セクシー」とされ、女性にも人気がある。つい最近も「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気を博した俳優キット・ハリントンがトレードマークのあごひげを剃り落としたが、ファンたちの失望ツイートがあふれたほか、テレビ番組では妻にも「またちょっとひげを伸ばしてくれない?」と揶揄された。

どうしてもひげを残すなら、頭髪と同じく、あごひげもこまめにシャンプーする必要がありそうだ。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 7

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月