最新記事

宗教

1日5回流れるモスクの騒音訴えた仏教徒に「宗教冒涜罪」 インドネシア最高裁が上告却下

2019年4月9日(火)19時55分
大塚智彦(PanAsiaNews)

「モスク」からの音に苦情を言って「宗教冒涜罪」とされたメイリアナ被告。写真は昨年8月の裁判のもの Antara Foto Agency - REUTERS

<4月17日に大統領選挙を控えた国では、司法までもが宗教的多数派に「忖度」する事態に>

インドネシア最高裁は4月8日、イスラム教徒の宗教施設である「モスク」から流れる祈祷を呼びかける音声に対し騒音被害を訴えたとされる仏教徒の女性に対する「宗教冒涜罪」での有罪判決の弁護側上告を却下する決定を下した。インドネシア地元紙「リパブリカ」や中東カタールの「アルジャジーラ」などが報じた。

被告の女性は上告却下で、地方裁判所による禁固18カ月の有罪判決が確定することになるが、被告弁護側は再審などさらなる法的手段で「宗教的少数者への差別的判決」を覆す方法を模索するとしている。

スマトラ島北スマトラ州メダン在住の中国系インドネシア人女性メイリアナ被告(44)は、メダンのタンジュン・バライ地区にあるモスクが1日に5回、近隣のイスラム教徒にスピーカーを通して祈りを呼びかける「アザーン」の音声が「うるさくて耳が痛い」として、音量を下げるよう2016年7月22日にモスク側に訴えたとされている。

これに対して周辺のイスラム教徒らが「イスラム教への冒涜である」と同地区の仏教寺院を襲撃し内部を破壊したり、メイリアナ被告の自宅前庭に放火するなどの騒動に発展した。

その後「イスラム指導者評議会(MUI)」の北スマトラ支部が2017年1月に「メイリアナの発言はイスラム教冒涜に該当する」との「ファトワ(宗教令)」を出したことから起訴され、裁判に持ち込まれていた。

裁判ではメイリアナ被告が隣人のカシニ氏に対してアザーンへの不満を漏らしたとされ、出廷した3人の証人もメイリアナ被告のアザーンへの不満を証言するなど被告に不利な証言ばかりが採用されたという。

事件のあったタンジュン・バライ地区は人口18万5000人のうち1万1000人だけが仏教徒で、1998年のスハルト長期独裁政権崩壊の混乱時にも少なくとも11の仏教寺院が襲撃されるなど、多数派のイスラム教徒による横暴が繰り返されているという。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、マスク輸出禁止令に署名「買いだめ

ワールド

アングル:「人命と経済」、米国が直面する対コロナ対

ワールド

アングル:新型コロナ広がる米刑務所の実態、次々「釈

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 9

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月