最新記事

ヘルス

大気汚染は若者に精神病的症状を引き起こす?

Air Pollution and Psychotic Experiences in Teenagers

2019年3月28日(木)14時32分
カシュミラ・ガンダー

2014年にはサハラ砂漠で起きた砂嵐の砂塵が欧州にも飛来。ロンドンでもこんな光景が見られた Luke MacGregor-REUTERS

<汚染がひどい都会暮らしと精神障害の発症に関連性が認められたと、英研究チームが発表>

大気汚染が深刻な環境で暮らす10代の若者は、不眠やイライラ、幻覚や妄想など精神障害の症状を経験するリスクが高まる可能性があることが最新の研究で分かった。

過去の研究で、都市生活者は幻聴や被害妄想など統合失調症のような症状を発症しやすいことが示唆されている。2050年までには世界の人口の70%が都市で生活すると予測されているため、これは看過できない問題だ。

米国医師会報(JAMA)の精神科専門誌に掲載された論文によれば、ディーゼル車が排出する窒素酸化物(NOx)や、微小粒子状物質(PM2.5)などの汚染物質にさらされた10代の若者は高い確率で不眠や幻覚などの症状を経験していた。都市の生活環境と10代の精神症状の関連性の60%は、汚染物質に恒常的にさらされたことで説明できると、研究チームはみている。

研究チームが対象にしたのは「環境リスク縦断双生児研究」に参加した2232人の子供たち。彼らは1994年1月1日から1995年12月4日までにイギリスのイングランドとウェールズ地方で生まれ、出生時から18歳に達するまで定期的に聞き取り調査を受けてきた。

チームは彼らが18歳になった時点で精神障害の症状を経験したことがないか質問した。誰かに見張られているとか尾行されていると感じたことはないか、周囲の人が聞こえない声が聞こえたことはないか、などだ。

次いで、彼らが2012年に生活していた地域と日常的に通っていた2カ所の地域の大気汚染レベルを調べた。

その結果、全体の約30%に当たる623人が、12歳から18歳までの間に少なくとも1回、精神障害の症状を経験していたことが分かった。さらに、汚染物質にさらされたレベルで四分位の最上位に入るグループは症状を起こすリスクが著しく高かった。

気になる脳への影響

このことから、長期にわたって大気汚染にさらされれば、脳に影響が及ぶと、研究チームは推測している。

論文の筆頭執筆者で、ロンドン大学キングズ・カレッジ精神医学・心理学・神経科学研究所のヘレン・フィッシャーが本誌に語ったところでは、チームは精神障害の発症に関連があると考えられる他の要因、たとえば喫煙、大麻の使用、アルコール依存、貧困、その他の精神疾患、貧困地域や犯罪多発地域に暮らしていること、社会的孤立などを考慮に入れ、統計学でいわゆる「交絡因子の調整」を行った上で、大気汚染と精神障害の関連性を確認したという。

ただ、この調査は無作為抽出による対照群を設定していない「観察研究」であるため、大気汚染と精神障害の因果関係を確実に結論付けることはできないと、フィッシャーは釘を刺す。また、大気汚染の数値は精神症状が出たときに測ったもので、発症前から大気汚染にさらされていたかどうかは確認できないことや、騒音公害などの要因を考慮に入れていないといった限界もあると、チームは認めている。

「先行研究で、大気汚染と循環器系や呼吸器系疾患など身体的な健康問題の関連性を示すデータは蓄積されてきたが、私たちの研究はそこに新たな視点を加えるものだ」と、フィッシャーは言う。「近年では、大気汚染が脳に与える影響、また認知症などの精神障害との関連性を探る研究も行われるようになり、私たちの研究はそこに連なるものでもある。大気汚染と精神障害の発症の関連性について確固たる結論を引き出すには、さらなる調査が必要なことは言うまでもない」

※4月2日号(3月26日発売)は「英国の悪夢」特集。EU離脱延期でも希望は見えず......。ハードブレグジット(合意なき離脱)がもたらす経済的損失は予測をはるかに超える。果たしてその規模は? そしてイギリス大迷走の本当の戦犯とは?

関連ワード

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月