最新記事

教育

英刑務所、受刑者にコーディング研修、再犯率の低下目指す

2019年3月18日(月)18時30分
松丸さとみ

2014年カリフォルニア、サン・クエンティン刑務所の様子 KPIX CBS SF Bay Area-YouTube

米の「再犯率ゼロ」プロジェクトがモデル

英国の刑務所で、受刑者にコーディング(プログラム言語に従いコードを書くこと)を教え、出所後の職探しに役立ててもらうプログラムが開始することになった。英国政府が3月15日に発表した。

英デジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)は、120万ポンド(約1億7800万円)の基金「デジタル・スキルズ・イノベーション・ファンド」を立ち上げている。貧困層など社会的に弱い立場にいる人たちが仕事を得やすくなるよう、デジタル系のスキルの研修などを行うためのものだ。今回ここから10万ポンド(約1480万円)が、受刑者へのコーディング研修に当てられることになった。

プログラムでは、厳選した受刑者を対象に、出所後に職が見つけやすくなるようコーディングを教える。研修の実施は、非営利団体コード4000が行う。研修はこれまでもイングランド北東部のハンバー刑務所で試験的に行われてきたのだが、新たな資金提供を受けて、研修実施の対象がホーム・ハウス刑務所にも拡大されることになった。受講できる受刑者の数は1000人以上増えることになるという。

コード4000によると、刑務所でのコーディング研修は、米国で実際に行われている同様のプロジェクトをモデルにしたもの。米国ではザ・ラスト・マイルと呼ばれるプロジェクトが、カリフォルニア州のサンクエンティン刑務所で2010年に開始された。

ザ・ラスト・マイルによると、現在はカリフォルニアの他にインディアナ州、カンザス州、オクラホマ州にある全12施設でコーディングの研修を実施している。これまで460人にコーディングを教えてきたが、研修を受けた人たちの再犯率はゼロだという。なお、米国での平均的な再犯率は55%だ。

将来的には英刑務所でコーディング研修のネットワークを

コード4000が行うコースは4つのステージに分かれている。ステージ1はHTML、CSS、Javascriptなどの基本的なものから始まり、GitやTDD、MVC、データベース、フルスタック開発などを学ぶ。ステージ1を卒業できた人は、外部のクライアントを相手に本物の仕事を手がける。ここではわずかながら収入が得られ、この収入はプロジェクトの資金に還元されることになる。さらにステージ3になると、刑務所から日帰りで外出し、クライアントの元へ行って仕事をする。最後のステージ4は、デベロッパーとしてフルタイムの職を得ることを目指す。

前述の10万ポンドの資金は研修そのものの他に、英北東部シェフィールドに雇用拠点を新たに開設することにも使われる。この雇用拠点は、コーディング研修の受講生が出所した後にもサポートやアドバイスを提供したり、さらなる研修を行なったりしていく予定だ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

EU、英への法的措置開始 離脱協定骨抜き法案巡り

ワールド

米共和党の元安保当局者ら50人超、バイデン氏を支持

ワールド

ロシア、右翼メディア装い米有権者に影響か 大統領選

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 4

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月