最新記事

航空機

ボーイング737MAX運航停止が広がる EU、中国、東南アジアでストップ、米国へも追随の圧力

2019年3月13日(水)09時49分

欧州航空安全機関(EASA)は、エチオピア航空が運航する米ボーイングの最新鋭旅客機「737MAX8」の墜落事故を受け、欧州連合(EU)域内における737MAX8型機および同9型機の運航を一時停止すると発表した。737MAX機(2019年 ロイター/David Ryde)

欧州航空安全機関(EASA)は12日、エチオピア航空が運航する米ボーイングの最新鋭旅客機「737MAX8」の墜落事故を受け、欧州連合(EU)域内における737MAX8型機および同9型機の運航を一時停止すると発表した。

EASAは、声明で「入手可能なあらゆる情報に基づき、影響を受ける2モデルの耐空性を確保するため、さらなる措置が必要と判断した」としている。

一方、米連邦航空局(FAA)は737MAXの運航を停止しない方針を示した。

FAAのエルウェル長官代行は「調査ではシステムの性能に問題はなく、航空機の運航を停止する根拠はない」と説明。海外の航空当局からこれまでに提供されたデータには対策を取る必要性を示すものはないとした。

その上で、継続中の調査で安全上の問題が確認された場合は「直ちに適切な措置」を講じると述べた。

米国の航空・宇宙関連問題に関する上院小委員会を主導するテッド・クルーズ共和党議員は、ボーイングの墜落事故を巡り公聴会の開催を計画していることを明らかにした。

10日の墜落事故以降、同型機に運航を停止する動きが相次いでおり、この日は英、ドイツ、フランス、アイルランド、オーストリア、ノルウェー、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、オマーンなどが運航停止を発表。これまでにエチオピア航空は保有する737MAX8全機の運航を停止。インドネシア、中国の当局も737MAXの運航を停止しており、同型機の運航は安全との見解を示す米国に対し、他国の措置に追随するよう圧力が強まっている。

米国内でも、共和党の重鎮ロムニー上院議員と2020年米大統領選への出馬を表明している民主党のウォーレン議員がこの日、同型機の運航を一時停止するよう、FAAに要請した。

墜落事故を受け、ボーイングは向こう数週間でソフトウエアを更新すると表明。声明で737MAX型機の安全性には「完全な自信」があるとの見解を示した。世界各国で運航停止が相次いでいることについて「規制当局や顧客は最適と考える決定を行った」とし、「(米FAAは)現時点では一段の措置は命じておらず、現在入手している情報に基づくと、航空各社に対し新たなガイダンスを出す根拠はない」とした。

10日のエチオピア航空の墜落事故では、乗客乗員157人全員が死亡。原因究明に向けた調査が進められている。昨年10月にもインドネシア・ライオン航空運営の同型機が墜落事故を起こしている。

原因はまだ分かっておらず、この2件の事故の関連性も明らかではない。

英民間航空局は、737MAXの同国への発着および領空通過を禁止すると発表した。

シンガポール民間航空庁も声明で、737MAX型機すべての運航を一時的に停止すると発表。シンガポール航空傘下のシルクエア―、中国南方航空、ガルーダ・インドネシア航空、山東航空、タイ・ライオン・エアが対象となる。

オーストラリアの民間航空安全当局のシェーン・カーモディー最高経営責任者(CEO)は声明で「737MAXの運航継続に関する安全性リスクの確認でさらなる情報を待つ間、一時的に運航を停止する」と説明した。オーストラリアの航空会社は同型機を運航しておらず、同国を発着するシンガポール航空傘下のシルクエア―とフィジー航空のみが運航停止の影響を受ける。

中南米では、ブラジルのゴル航空、アルゼンチンのアルゼンチン航空、メキシコのアエロメヒコ航空が同型機の運航を停止。

アジアでは、韓国のイースター航空が13日から同型機2機の運航を停止する方針を示している。インドは同型機の点検強化を指示しつつつも、「目立った懸念」は確認されていないとしている。

一方、北米・中東間の路線では同型機の運航が続いている。米サウスウエスト航空はすべてのボーイング機の安全を確信しているとの認識を示している。

ボーイングの株価は12日の取引で6.1%急落。墜落事故以降の下落率は11.15%と2営業日の下落率としては2009年7月以来の大きさを記録した。時価総額は266億5000万ドル吹き飛んだ。

[アジスアベバ/ワシントン 12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月