最新記事

ロシア疑惑

ロシア疑惑「共謀なし」を祝うトランプ支持者、NY5番街を埋め尽くす

Trump Supporters Mark 'Happy No Collusion Day'

2019年3月25日(月)16時00分
ベンジャミン・フィアナウ

ニューヨークのタイムズスクエアに集まったトランプ支持者(3月24日) Carlo Allegri-REUTERS

<ロシア疑惑の捜査報告書と「新たな訴追なし」の報にトランプ支持者が集結。リベラルなニューヨークでは珍しい光景だ。このまま再選を目指す勢い?>

ロバート・ムラー特別検察官が、2016年米大統領選にまつわる「ロシア疑惑」の捜査報告書を提出した翌日の3月23日。この時点で報告書はまだ非公開だったが、新たな訴追はないという話が伝わると、ニューヨークにあるトランプ・タワーの外では、ドナルド・トランプ米大統領の支持者数百人が「『共謀なし』の日」を祝った。

ニューヨークの通りを埋め尽くしたトランプ支持者




トランプ・タワーに集まれと呼び掛けるツイート


5番街にあるトランプ・タワーの外に集まった支持者たちは、「アメリカを再び偉大に」と書かれた巨大な横断幕を振り、「共謀なし」と叫んだ。ニューヨークでトランプ支持の集会が行われるのはきわめて珍しい。

「No collusion(共謀なし)」と書いた紙ばさみを持ちご満悦のトランプ


ニューヨーク州、ニュージャージー州とコネティカット州の複数の親トランプ派の草の根組織とソーシャルメディア上のグループを通じて集められた支持者たちは、大統領と政権が起訴を免れたことを祝った。彼らは「アメリカは決して社会主義国家にはならない」と書かれたプラカードを掲げ、また複数の女性支持者は、メラニア・トランプが(不法移民の収容施設を訪れる際に)着用して物議を醸したときの、背中に「I really don't care, do you?(私は本当にどうでもいいんだけど)」と書かれたジャケットを身に着けていた。

この集会の前日である3月22日、ムラー特別検察官は、2016年の大統領選にロシアが介入した疑惑についての長期に及んだ捜査を終えて、ウィリアム・バー司法長官に報告書を提出した。

ベビーカーの赤ん坊までが「MAGA帽子」

そして3月24日、与野党双方から同報告書の全容を公開するよう求める声が上がるなか、司法省は上院司法委員会にムラーの報告書の概要を送付。「本捜査では、トランプ陣営のメンバーがロシア政府と共謀または連携したと立証されなかった」と述べた。現時点では、ロシアとの共謀に関連して新たな起訴が行われる見通しはない。

トランプ・タワーの外で集会を行った支持者たちは鋼の柵で周囲から隔離され、周辺には大勢の警官が配置された。支持者たちは家族総出で「トランプ2020」の横断幕を振り、ベビーカーに乗った赤ん坊たちまでが「MAGA(アメリカを再び偉大に、の頭文字)」のロゴ付き野球帽を被っていた。

(翻訳:森美歩)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月