最新記事

米軍事

宇宙を「新たな戦闘領域」とする米宇宙軍の脅威

Scientists Warn Trump’s Space Force Would Be ‘A Profoundly Bad Idea’

2019年2月21日(木)16時30分
シャンタル・ダシルバ

一国主義で進むアメリカの宇宙軍構想(写真はスミソニアン国立航空宇宙博物館、2017年10月) Jonathan Ernst-REUTERS

<宇宙で軍拡競争を繰り広げるよりも、市民生活のインフラとなっている民生用人工衛星を協力して守るべきだ、と科学者たちが警告>

ドナルド・トランプ米大統領の「宇宙軍」創設構想に、アメリカの科学者団体が警鐘を鳴らした。アメリカが宇宙空間を「戦闘領域」とみなし、宇宙での脅威に対応する軍隊を新設すれば、「宇宙空間における軍拡競争に火をつけることになる」と、科学者たちは警告している。

今でも米軍の任務には、宇宙空間における潜在的な脅威への対処が含まれているが、トランプ大統領は「宇宙における脅威を抑止し、反撃する」任務に専従する軍を創設する必要があるとして、2月19日に大統領令に署名。米国防総省に宇宙軍創設に向けた法案を作成するよう指示した。

科学者たちに言わせると、トランプの構想は「非常にまずいアイデア」だ。既に宇宙兵器の開発を進めている中国やロシアがますます新型兵器の導入を急ぎ、歯止めなき軍拡レースになるのが目に見えているからだ。

「アメリカの宇宙軍創設が誘因となって、各国が宇宙兵器開発を進めれば、宇宙空間で軍事衝突が起きる確率が高まる」と、「憂慮する科学者同盟」の宇宙防衛問題専門家ローラ・グレゴは、同盟のサイトで発表された声明で警告している。

「トランプ大統領は宇宙を新たな戦闘領域と位置付けた。軍にとって宇宙が重要であることは否めないが、軍事活動は宇宙における多様な活動のほんの一部でしかない。現在2000個近い人工衛星が運用されているが、その80%は民生用で、通信その他の人々の生活に不可欠なサービスを提供している」

平和利用のリーダーになれ

人工衛星が破壊されれば市民生活に壊滅的な損害を与えるため、「宇宙空間を守ることが私たちの責務だ」と、グレゴは訴えている。

「宇宙空間の安全保障は、一国主義的なアプローチや軍事的手段のみでは達成できない。宇宙利用に乗り出している他の国々との調整と協力が必要であり、外交努力が求められる」

宇宙の長期的な持続可能性の維持のための指針として、EUが提案した「宇宙活動の国際行動規範」や、宇宙空間の軍拡競争阻止を目指す国連の政府専門家グループ(GGE)の規範など、現在さまざまなルールづくりが進んでいると、グレゴは指摘し、アメリカはこうした試みの先頭に立ち、宇宙空間の軍事化ではなく、平和利用を推進すべきだと論じている。

「人工衛星を守るにははるかに優れた方法がある。運用中の衛星の40%はアメリカが打ち上げたものだ。今後も長期にわたって安全に運用できるよう、アメリカが率先して平和利用の枠組みづくりに取り組むべきだ」

一方で、アメリカは宇宙兵器開発で出遅れているとして、トランプの構想を支持する声もある。中国とロシアは宇宙空間で軍事的優位に立とうと、アメリカの衛星を攻撃できるレーザー兵器などの開発を進めており、うかうかしていれば劣勢に追い込まれる、というのだ。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月