最新記事

インド

「同意なく僕を産んだ」インドの男性、親を提訴へ

2019年2月13日(水)16時30分
松丸さとみ

「同意なく僕を産んだ」として両親を提訴する準備を進めている男性 (Photo Credits: Facebook| Nihilanand)

<インドのムンバイに住む男性が、「同意なく僕を産んだ」として両親を提訴する準備を進めている。その意図は......>

「子供を投資みたいに扱わないで」反出生主義の男性

「同意なく僕を産んだ」として、インドの男性(27)が両親を提訴する準備を進めている。インドのムンバイに住むラファエル・サミュエルさんだ。子孫を残すべきではないという「反出生主義」と呼ばれる哲学の擁護者で、自分の同意を取らずに自分を産んだとして両親を提訴する構えだ。

サミュエルさんは、サングラスとつけ髭という出で立ちで動画を作成。インドや世界の人たちに向けて言いたいこととして、「彼らは両親に対して何の借りもない」と話し、「同意なく生まれてきたのなら、生涯、金銭的に面倒を見てもらうべきだ」と主張している。

さらにインドの子供たちに向けて、「自分がやりたくないものを親のためにするのはやめなさい。もしも心の底から本当に自分がしたいと思うことならやりなさい」と語りかけ、子を持つ親たちには、「自分の子供を投資のように扱うべきではない」と訴えている。

「苦しむ人が多すぎる」みんなに考えてもらいたいのが動機

インディペンデント紙によると、サミュエルさんは提訴する意向を両親にすでに伝えてあるというが、自分の訴訟を引き受けてくれる弁護士がまだ見つかっていないという。また、訴訟は判事に棄却される可能性が高いが、それでも、「地球は人類がいない方がマシ」という信念を主張するために裁判を起こすのには意味があるとサミュエルさんは考えているとのことだ。

ビデオでも、自分の意見に対して「肯定的な反応もたくさんあるが、否定的な反応の方がずっと多い」と話し、「私を罵りたければ罵ればいい。でもその前に、私の言い分をよく考えて理解した上で罵ってほしい」と語りかけ、みんなに考えてもらいたいのだと訴えている。

サミュエルさんの両親はともに弁護士で、親子関係は良好だという。母親のカヴィタ・カルナド・サミュエルさんからのものとして、サミュエルさんはFacebookに文章を投稿。「私たちが弁護士だと分かった上で、両親を提訴しようという息子の向こう見ずさには感心する」とし、「私たちがどうすれば(生まれる前の)息子から同意を得られたのか、息子が合理的な説明をできるようであれば、こちらも誤りを認める」と書かれている。

サミュエルさんは英BBCに対し、「苦しみに耐えながら生きている人が多すぎるし、人類が絶滅した方が地球や動物ももっと幸せになれる。苦しむ人もいなくなる」と思いを語った。

インドの英字日刊紙タイムズ・オブ・インディアによると、サミュエルさんのFacebook投稿に付いているコメントは、サミュエルさんに対し否定的なものが多い。

しかしデリー大学法学部のヴァゲシュワリ・ディスワル博士はサミュエルさんの考えに同意しているようだ。自分の子供を生涯支えるのに必要な資金を持つか、さもなければ自己満足や、家名を継承していくため、老後の面倒を見てもらうため、今いる子の兄弟が必要だから、などの理由で子供を作るべきではない、とディスワル博士は述べているという。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

豪NSW州、新規感染者が過去最多262人 都市封鎖

ワールド

フィリピンCPI、7月は7カ月ぶり低い伸び コロナ

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

ビジネス

午前の日経平均は反発、連日の好決算発表が株価下支え

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月