最新記事

インド

「同意なく僕を産んだ」インドの男性、親を提訴へ

2019年2月13日(水)16時30分
松丸さとみ

「同意なく僕を産んだ」として両親を提訴する準備を進めている男性 (Photo Credits: Facebook| Nihilanand)

<インドのムンバイに住む男性が、「同意なく僕を産んだ」として両親を提訴する準備を進めている。その意図は......>

「子供を投資みたいに扱わないで」反出生主義の男性

「同意なく僕を産んだ」として、インドの男性(27)が両親を提訴する準備を進めている。インドのムンバイに住むラファエル・サミュエルさんだ。子孫を残すべきではないという「反出生主義」と呼ばれる哲学の擁護者で、自分の同意を取らずに自分を産んだとして両親を提訴する構えだ。

サミュエルさんは、サングラスとつけ髭という出で立ちで動画を作成。インドや世界の人たちに向けて言いたいこととして、「彼らは両親に対して何の借りもない」と話し、「同意なく生まれてきたのなら、生涯、金銭的に面倒を見てもらうべきだ」と主張している。

さらにインドの子供たちに向けて、「自分がやりたくないものを親のためにするのはやめなさい。もしも心の底から本当に自分がしたいと思うことならやりなさい」と語りかけ、子を持つ親たちには、「自分の子供を投資のように扱うべきではない」と訴えている。

「苦しむ人が多すぎる」みんなに考えてもらいたいのが動機

インディペンデント紙によると、サミュエルさんは提訴する意向を両親にすでに伝えてあるというが、自分の訴訟を引き受けてくれる弁護士がまだ見つかっていないという。また、訴訟は判事に棄却される可能性が高いが、それでも、「地球は人類がいない方がマシ」という信念を主張するために裁判を起こすのには意味があるとサミュエルさんは考えているとのことだ。

ビデオでも、自分の意見に対して「肯定的な反応もたくさんあるが、否定的な反応の方がずっと多い」と話し、「私を罵りたければ罵ればいい。でもその前に、私の言い分をよく考えて理解した上で罵ってほしい」と語りかけ、みんなに考えてもらいたいのだと訴えている。

サミュエルさんの両親はともに弁護士で、親子関係は良好だという。母親のカヴィタ・カルナド・サミュエルさんからのものとして、サミュエルさんはFacebookに文章を投稿。「私たちが弁護士だと分かった上で、両親を提訴しようという息子の向こう見ずさには感心する」とし、「私たちがどうすれば(生まれる前の)息子から同意を得られたのか、息子が合理的な説明をできるようであれば、こちらも誤りを認める」と書かれている。

サミュエルさんは英BBCに対し、「苦しみに耐えながら生きている人が多すぎるし、人類が絶滅した方が地球や動物ももっと幸せになれる。苦しむ人もいなくなる」と思いを語った。

インドの英字日刊紙タイムズ・オブ・インディアによると、サミュエルさんのFacebook投稿に付いているコメントは、サミュエルさんに対し否定的なものが多い。

しかしデリー大学法学部のヴァゲシュワリ・ディスワル博士はサミュエルさんの考えに同意しているようだ。自分の子供を生涯支えるのに必要な資金を持つか、さもなければ自己満足や、家名を継承していくため、老後の面倒を見てもらうため、今いる子の兄弟が必要だから、などの理由で子供を作るべきではない、とディスワル博士は述べているという。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

韓国大統領、処理水放出決定で国際海洋法裁判所への提

ビジネス

経済・物価、コロナの影響などで引き続き下振れリスク

ワールド

ミャンマー民主活動家、新年の連休に象徴的な抵抗呼び

ビジネス

独連邦裁、VWにディーゼル車をローンで購入した顧客

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    青色の天然着色料が発見される

  • 5

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月