最新記事

インド

「同意なく僕を産んだ」インドの男性、親を提訴へ

2019年2月13日(水)16時30分
松丸さとみ

「同意なく僕を産んだ」として両親を提訴する準備を進めている男性 (Photo Credits: Facebook| Nihilanand)

<インドのムンバイに住む男性が、「同意なく僕を産んだ」として両親を提訴する準備を進めている。その意図は......>

「子供を投資みたいに扱わないで」反出生主義の男性

「同意なく僕を産んだ」として、インドの男性(27)が両親を提訴する準備を進めている。インドのムンバイに住むラファエル・サミュエルさんだ。子孫を残すべきではないという「反出生主義」と呼ばれる哲学の擁護者で、自分の同意を取らずに自分を産んだとして両親を提訴する構えだ。

サミュエルさんは、サングラスとつけ髭という出で立ちで動画を作成。インドや世界の人たちに向けて言いたいこととして、「彼らは両親に対して何の借りもない」と話し、「同意なく生まれてきたのなら、生涯、金銭的に面倒を見てもらうべきだ」と主張している。

さらにインドの子供たちに向けて、「自分がやりたくないものを親のためにするのはやめなさい。もしも心の底から本当に自分がしたいと思うことならやりなさい」と語りかけ、子を持つ親たちには、「自分の子供を投資のように扱うべきではない」と訴えている。

「苦しむ人が多すぎる」みんなに考えてもらいたいのが動機

インディペンデント紙によると、サミュエルさんは提訴する意向を両親にすでに伝えてあるというが、自分の訴訟を引き受けてくれる弁護士がまだ見つかっていないという。また、訴訟は判事に棄却される可能性が高いが、それでも、「地球は人類がいない方がマシ」という信念を主張するために裁判を起こすのには意味があるとサミュエルさんは考えているとのことだ。

ビデオでも、自分の意見に対して「肯定的な反応もたくさんあるが、否定的な反応の方がずっと多い」と話し、「私を罵りたければ罵ればいい。でもその前に、私の言い分をよく考えて理解した上で罵ってほしい」と語りかけ、みんなに考えてもらいたいのだと訴えている。

サミュエルさんの両親はともに弁護士で、親子関係は良好だという。母親のカヴィタ・カルナド・サミュエルさんからのものとして、サミュエルさんはFacebookに文章を投稿。「私たちが弁護士だと分かった上で、両親を提訴しようという息子の向こう見ずさには感心する」とし、「私たちがどうすれば(生まれる前の)息子から同意を得られたのか、息子が合理的な説明をできるようであれば、こちらも誤りを認める」と書かれている。

サミュエルさんは英BBCに対し、「苦しみに耐えながら生きている人が多すぎるし、人類が絶滅した方が地球や動物ももっと幸せになれる。苦しむ人もいなくなる」と思いを語った。

インドの英字日刊紙タイムズ・オブ・インディアによると、サミュエルさんのFacebook投稿に付いているコメントは、サミュエルさんに対し否定的なものが多い。

しかしデリー大学法学部のヴァゲシュワリ・ディスワル博士はサミュエルさんの考えに同意しているようだ。自分の子供を生涯支えるのに必要な資金を持つか、さもなければ自己満足や、家名を継承していくため、老後の面倒を見てもらうため、今いる子の兄弟が必要だから、などの理由で子供を作るべきではない、とディスワル博士は述べているという。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月