最新記事

人権問題

ベトナムの人権活動家、当局がタイで拉致? 米朝会談が影響との推察も

2019年2月7日(木)17時55分
大塚智彦(PanAsiaNews)

1月26日以降、音信不通になり当局に拉致されたとみられるトゥルオン・ドゥイ・ナット氏 フェイスブックより

<2月末に2度目の米朝首脳会談が行われる場所として選ばれたベトナム。当局は世界の注目が集まる前に、人権問題など都合の悪いことを隠そうとやっきになっている>

ベトナムの著名な人権活動家でブロガーでもあるトゥルオン・ドゥイ・ナット氏がタイのバンコクで消息不明になっていることが明らかになり、関係者の間ではナット氏がベトナム治安当局者によって「拉致」された可能性が指摘されている。2度目の米朝首脳会談を2月27、28日に控え、ホスト国となったベトナムの人権問題に対する強硬姿勢が改めて浮き彫りとなっている。

ナット氏が定期的に寄稿していた米国メディア「ラジオ・フリー・アジア」(RFA)の関係者によると、1月26日に編集者が連絡を取ったのを最後にナット氏と連絡が取れなくなり、消息不明の状態が続いているという。

ベトナムは共産党政府により報道の自由が著しく制限されており、ナット氏は主にベトナムの人権問題、表現や報道の自由に関して情報発信を続けていた。2014年にはベトナム政府を批判したとして禁固2年の実刑判決で服役したこともある。

ナット氏はベトナムからタイ・バンコクに活動拠点を移し、同時にバンコクにある国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に難民申請を行っていた。連絡が取れなくなったのは、このUNHCRへの難民申請を提出した翌日から、との情報もあり、なんらかの関連があるとみられている。

RFAのリビー・リウ氏は「我々はナット氏の所在と身の安全に関して特に深い関心をもっている。危険に直面していないかどうかだけでも情報を求めている」と話し、米国務省にも連絡して、情報提供を呼びかけたとしている。

ショッピングモールで拉致か

RFAやベトナム人権活動家などが入手した情報などを総合すると、ナット氏はバンコク北部ランシットにある大規模ショッピングモール「フューチャーパーク」内のアイスクリーム店にいたところを何者かによって身柄を拘束され、その場から連れ去られたという。

そしてナット氏の現状に関してベトナムの人権団体は「生存はしているが、ベトナム当局の保護下にある。彼がまだタイにいるのか、すでにベトナム国内に連行されたのかはわからない」と話しており、消息不明事件へのベトナム当局者の深い関与を示唆している。

もしこうした「拉致」が事実とすれば、タイ領内でベトナムの治安当局関係者がタイの国内法や国際法を無視する形でナット氏という個人を拘束、拉致、そしてベトナムに連行するような事態は「タイの主権侵害」にもあたり、「到底容認できる事態ではない」(ベトナム人権活動家)としている。

また2月末のベトナムでの開催がトランプ米大統領によって発表された2回目の米朝首脳会談との関係も取りざたされている。会談を前にベトナム治安当局が国内外の活動家やブロガーの一斉摘発に乗り出した可能性があるというのだ。

「有刺鉄線の前で、道を進む」と記されたナット氏のフェイスブック記事。フェイスブックは1月24日にベネズエラのデモについて投稿した記事が最後になっている。

ニュース速報

ワールド

船内隔離は適切だった=新型肺炎のクルーズ船対応で官

ワールド

豪中銀、2月会合で追加利下げ協議 リスクが利点上回

ワールド

米国務長官、アンゴラの汚職批判 米企業の投資も売り

ビジネス

日産が臨時株主総会、内田社長ら新取締役4人選任議案

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

  • 4

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 7

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 8

    「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

  • 9

    新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

  • 10

    習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月