最新記事

イラン

仏独英が新組織発足、ドルを介さずイランとの貿易維持へ 米国の制裁に対抗

2019年2月1日(金)10時40分

仏独英の3カ国は、ドルを介さずにイランとの貿易を行うための特別目的事業体(SPV)を正式に発足したと明らかにした。写真はイラン国旗と石油基地の煙炎。2005年7月にペルシャ湾で撮影(2019年 ロイター/Raheb Homavandi)

仏独英の3カ国は31日、ドルを介さずにイランとの貿易を行うための特別目的事業体(SPV)を正式に発足したと明らかにした。米国の対イラン制裁再開後もイランとの貿易を継続する。

米国は昨年、欧州主要国の反対を押し切ってイランと主要国が2015年に合意した核合意を離脱し、経済制裁を再発動させた。

イランも、欧州が同国の経済的利益を保証しない限り核合意から離脱するとしていた。

欧州は、イランが核合意を順守することを条件に欧州企業とイランの取引を支援する方針を示していた。

新組織の名称は「貿易取引支援機関(INSTEX)」で、フランスで登録された。仏独英が株主で、今後他国の参加も期待されている。

イランが石油とガスを輸出し、代わりに欧州連合(EU)から製品を購入するなどの制度が検討されている。ただ、現実的には、人道支援のための製品や食糧などを対象とした小規模の取引にのみ使われる見通しという。

ある外交筋は「この制度で状況が大きく変わるとは思わないが、われわれがイランとの取引を継続する決意であるという政治的なメッセージを送るためには重要だ。また、米国の治外法権のような制裁にも関わらず、自身の利益をわれわれが守るという姿勢を米国に示すことができる」説明した。

EUは、数カ月の協議を経て今回の組織を発足。活動開始まではさらに数カ月かかるとみられる。

ハント英外相は、仏独英が最終合意に向けイランと密に協力していると説明し「(組織の)登録は大きな一歩だが、まだやるべきことが多くある」とコメントした。

イランのアッバス・アラグチ外務次官は、この仕組みは好ましい最初の一歩だと評価した。

今後、INSTEXの予算確保や規定策定が必要となる。また、イランも同様の組織を立ち上げる必要がある。

[パリ/ベルリン 31日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

20210202issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2月2日号(1月26日発売)は「バイデン 2つの選択」特集。トランプ派との融和/オバマ路線継承という難題 PLUS 外交・経済・コロナ対策はこう変わる。

ニュース速報

ビジネス

中国、今年の成長率目標設定を見送る可能性 債務を懸

ビジネス

欧州の9銀行、コロナ禍で昨年資本バッファー取り崩し

ワールド

インド、新型コロナ抑制を宣言 2割の地域で1週間新

ビジネス

ユーロ圏の銀行、配当制限を順守=ECB監督委員長

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月