最新記事

医療

免疫系を強くするウイルス発見? 医学の常識にも反する作用が判明

An Immune Boosting Virus

2018年12月28日(金)10時00分
カシュミラ・ガンダー

高齢者の免疫力は意外に強いことが分かってきた bowdenimages - iStockphoto

<普通ならウイルスは、免疫系にとって天敵のはず。ところが免疫を弱めるのではなく、強化すると思われるウイルスが特定された──>

人間の免疫機能は加齢とともに弱くなり、新しい感染症と戦う力が失われることが過去の研究から示唆されている。だが高齢者の免疫系を強化する方法を探していたアリゾナ大学の研究チームは、体の抵抗力を強化しているとみられるサイトメガロウイルス(CMV)の作用を動物実験で確認した。

CMVには人類の半分以上が感染しているとされるが、治療法はなく、体内から消すことはできない。「CMVはほとんど症状を起こさないが、根治はできず、共存するしかない」と、研究の筆頭著者メーガン・スミシーは言う。「ウイルス保有者の免疫系は、常にこのウイルスと静かに戦っている」

研究者はCMVに感染したマウスと感染していないマウスを、同様にリステリア菌に感染させた。「CMV感染マウスは他の感染症にかかりやすいと考えた。CMVとの戦いで免疫系が消耗しているはずだから」とスミシー。

ところがCMV感染マウスの免疫系は、感染していないマウスより強かった。さらにCMV感染マウスは免疫系の主役ともいえる白血球のT細胞の多様性が、若いマウス並みだった。

医学の常識ではT細胞の多様性は加齢によって低減する。だが、この研究から異なる可能性が見えた。T細胞の多様性が高いのは、CMVにそれらを活性化させる力があるからではないか。

「CMVが最高の防御機能を発揮させるシグナルを出しているかのようだ」と、この研究の共同執筆者でアリゾナ大学加齢研究センター共同所長のヤンコ・ニコリッチズギッチは言う。「高齢でも優れた免疫反応を生み出す能力は存在し、CMVによって、言い換えればCMVに対する体の反応によって、その能力が発揮されることが分かった」と、スミシーは言う。

では、CMVに感染することは有益なのか。「人間をこのウイルスに感染させるつもりはない。むしろこのウイルスに反応する免疫ホルモンを特定したい」と、ニコリッチズギッチは言う。

「そのホルモンが、あらゆる感染症に対する免疫系の改善に役立つかどうかテストしたい。寿命を延ばし、健康を高めることにつながるかもしれない」

以上、カシュミラ・ガンダー

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 5

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 6

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月