最新記事

イギリス

英空港を襲ったドローン騒ぎ、「そもそもドローンなんかなかった」!?

2018年12月25日(火)18時30分
松丸さとみ

REUTERS/Toby Melville

<ロンドン南部のガトウィック空港にドローンが入り込み、19日から21日まで滑走路は断続的に閉鎖。35万人以上が影響を受けたが、「そもそもドローンはなかった可能性がある」との見方も出てきた...>

乗客14万人が足止め、影響を受けたのは35万人に上るとも

イギリス人たちが1年で最も楽しみにしている時期と言えるのが、クリスマスだ。しかしクリスマスを休暇先で過ごそうと心躍る思いで空港へ向かったのに、そこで足止めを食うはめになった人たちが続出した。

クリスマスを目前にした先週19日、ロンドン南部にあるガトウィック空港に不審なドローンが入り込み、航空機の発着ができなくなったのだ。ガトウィック空港は英国第2の規模を誇り、国際便も多く乗り入れている。ドローンが見つかっ た19日から、容疑者2人が逮捕される21日まで、3日間にわたって滑走路は断続的に閉鎖された。

テレグラフ紙がガトウィック空港の広報担当者の話として伝えたところによると、この間、約1000便がキャンセルまたは着陸場所の変更を余儀なくされ、乗客14万人が影響を受けたという。英デイリーメール紙は、今回の混乱でクリスマス休暇を予定通り過ごせなかった人の数は35万人に上ったとしている。

「そもそもドローンなんてなかった」との見方も

最初にドローンが見つかったのは、19日の夜9時ごろ。すぐに数百のフライトがキャンセルされ、行き場をなくした乗客が空港内に溢れかえった。英ガーディアン紙(22日付)によると、当局が点検し運行を再開しようとするたびにどこからともなくドローンがまた現れ、断続的にフライトが再開したりキャンセルしたりという状態が続いたという。

サセックス警察は21日、47歳の男性と54歳の女性を容疑者として逮捕した。民間航空便用の空港で運行や人命の安全を脅かした疑いだった。しかし、36時間の拘束の後、「もはや容疑者ではない」として2人は釈放された。さらに、この事件を担当する巡査長が「そもそも最初からドローンなんてなかった可能性がある」と発言したことで、この騒ぎは謎に包まれた。ドローンがガトウィック空港の空域に侵入している様子をとらえた画像や動画は1本もないというのだ。

とは言え、ドローンの目撃情報は19〜21日の3日間で合計67件届いており、前述の巡査長は後にドローンは実際に飛んでいたとの見方を改めて示した。23日付のガーディアンによると、壊れたドローンも発見されており現在警察が詳しく調べているが、証拠は雨で流されてしまった可能性があるという。ガトウィック空港側は、犯人逮捕につながる情報を提供した人には5万ポンド(約700万円)の懸賞金を提供するとしている。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 4

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月