最新記事

軍事

【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

Watch: Russian Fighter Jet Intercepts US Navy Aircraft Over Black Sea

2018年11月7日(水)16時00分
ススミタ・スレシュ

モスクワ郊外の航空ショーでアクロバット飛行を見せるSu-27 (2015年8月)Maxim Shemetov-REUTERS

<黒海上空を飛ぶ米軍偵察機にロシア軍機が2度、異常接近。乱気流と振動を起こした>

11月5日(現地時間)、ロシアの戦闘機が米軍の偵察機に危険を顧みないプロらしからぬ方法で近づく異常接近(ニアミス)事件があった。アメリカ海軍第6艦隊(ヨーロッパ、アフリカ担当)の報道官が発表した声明によると、ニアミスが起きたのは黒海上空の国際空域だった。

声明では、ロシアの戦闘機SU-27と米海軍の偵察機EP-3の異常接近は、25分にわたって続いたと述べている。CNNの取材に答えた米軍の幹部3人は、ロシア側の戦闘機は米軍機の前を高速のまま通過したと証言した。

CNNによると、ロシアの戦闘機は最初、高速で米軍機の前を通過、その後乱気流が起こったと米軍機の乗組員は報告している。直後、Su-27は再びEP3に接近し、機体を傾ける操作をしながらアフターバーナーで一気に加速したという。米軍機の乗組員はその時、機体の振動を感じたと言っている。

米海軍は以下のように述べている。「EP-3の乗組員は、最初の異常接近により乱気流、2度目には振動が起きたと報告している。(中略)異常接近は無責任な行動だ」

(アメリカ海軍:黒海でロシアのSU-27戦闘機が米EP-3偵察機を妨害。操縦士と乗組員を危険にさらした)


声明は、以下のように続けた。「我々はロシア軍に対し、安全を確保し不測の事態を防ぐために定められた国際基準に従って行動するよう要求する。1972年に定められた海上事故防止協定(INCSEA)もその一つだ。基準から逸脱した行為は判断ミス、ひいては空中衝突のリスクを高める」。そして、米軍機は国際法に従って飛行しており、「このようなロシアの行動を引き起こすような行為は行っていない」と付け加えた。

普通の接近とは正反対

米軍幹部はCNNに対し、ロシアの戦闘機がEP-3にどこまで近づいたかは推測できないと述べている。ただし、今回のニアミスが安全か否かを判断する上では、距離よりは飛行時の挙動がカギとなるという。

米国防総省のエリック・パホン報道官は、「ロシア機はアフターバーナーで加速し、(米軍機は)大きく揺れた」と言う。「この行動で我々は警戒した......あまりに近くまで接近していたからだ」と述べた上で、EP-3はトランスポンダー(自動送受信無線機)をオンにしていたが、ロシア機との間に交信はなかったことを明らかにした。「彼らが無線通信を行わなかったため危険が増した」

在駐米ロシア大使館も5日、この件に関し公式ツイッターで短い声明を発表。ロシア機は「必要なすべての安全手順に従っていた」とした。

(在米ロシア大使館:Su-27からアメリカのEP-3偵察機を発見、追尾すると連絡があった。ロシアの領空を侵犯させないためだ)


「ネイビー・タイムズ」紙が指摘するように、ロシア軍機による接近は日常的に起きている。国防総省の幹部によれば、その大半は安全かつプロフェッショナルなやり方で行われている。しかし今回の一件は、こうした通常の接近とは180度異なるものだったと、パホンは強調した」

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 7

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月