最新記事

キャリア

「キャリアのピークは45歳」を信じるな!

Never Too Late

2018年11月15日(木)16時00分
ラチェル・ハンプトン

社会に大きな影響を与える仕事ができる時期は人によって異なることが明らかに Alvarez/iStockphoto

<仕事に最も脂が乗る時期は人によってさまざま、あなたの「奇跡の年」はこれから訪れるかも>

自分と同年代、あるいは(もっと情けないことに)自分よりも年下の誰かが華々しい業績を上げるのを横目に、うだつの上がらない自分に絶望しているあなた。英科学誌ネイチャーに発表された新研究を知れば、きっと元気が出るはずだ。

研究チームはアインシュタインの「奇跡の年」、すなわち時空の概念を根底から変えた3大論文が発表された1905年にヒントを得て、3万人近い科学者、美術家、映画監督のキャリアを分析。世の中に最大の影響を与えた論文や作品が生まれた時期はキャリアのさまざまな時点に分散しているのか、あるいは「その人の平均的な業績よりも、著しく高い業績を上げた時期」があったのかを調べた。

結果、調査対象者の実に9割で、社会に最大の影響を与えた3つの論文または作品が特定の時期に集中して生まれたことが分かった。ちなみに影響力の大きさは、科学者の場合は論文の引用数、美術家は作品の価格、映画監督はインターネット・ムービー・データベース(IMDb)のランキングで判定した。

キャリアの最盛期の長さは分野によって異なり、科学者では平均3.7年前後、映画監督は5.2年、美術家は5.7年だった。研究チームが「絶ホット・好調の時ストリーク期」と呼ぶこの時期は大半の人にみられるが、それがいつ訪れるかは人によって違う。駆け出し時代に輝かしい実績を上げる科学者もいれば、遅咲きの科学者もいるといった具合だ。

諦めないで挑戦すべき

意外なことに、絶好調の時期は最も多くの論文なり作品を生み出した時期とは重なっていなかった。量産すれば、いいものが生まれるわけではないのだ。

絶好調の時期が2回あった人は、美術家と科学者では25%足らず、映画監督では10%足らず。つまり、ほとんどの人には生涯に一度しか絶好調期は訪れないということだ。

ただし、それがいつ訪れるかは人によって異なるし、最も生産性が高い時期とも重ならない。だとすれば、私たちは人生のピークについての一般的な考えを見直す必要がありそうだ。

人生の最高の時期は27歳から45歳(せいぜいそれに数年の幅を持たせた程度)という見方が人々の意識に染み付いている。就職での年齢差別にみられるように、多くの人々は「働き盛りを過ぎたら、後は下り坂」だと思い込んでいる。

ネイチャーの論文はこうした通念を覆す。そして、あなたがいまキャリアのどの時期にあろうと、偉大な業績を成し遂げるのに遅過ぎることはないと教えてくれる。

これから第2、あるいは第3のキャリアに挑戦する人にとっては、とても心強い調査結果だ。「これまでは45歳を過ぎたら、はかばかしい業績は望めないと思われていた」と、研究を率いたノースウェスタン大学のダシュン・ウォン准教授はメディアに語っている。だが実際はいくつになっても「創造し続ける限り、これから最高の仕事ができる可能性はある」。

<本誌2018年11月6日号掲載>

※11月6日号は「記者殺害事件 サウジ、血の代償」特集。世界を震撼させたジャーナリスト惨殺事件――。「改革」の仮面に隠されたムハンマド皇太子の冷酷すぎる素顔とは? 本誌独占ジャマル・カショギ殺害直前インタビューも掲載。

© 2018, Slate

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月