最新記事

デンマーク

アメリカ人は貧困層でもデンマーク人より豊か?──トランプの「フェイクリポート」にデンマーク激怒

Danish PM Blasts White House Report On Socialism

2018年10月31日(水)18時00分
ジェーソン・レモン

ベネズエラと一緒にされてカンカンのデンマーク(コペンハーゲン) ValleraTo/iStock.

<中間選挙を控え、トランプ政権は民主党の政策を「社会主義」と批判。その失敗例として北欧諸国の「貧困」に焦点を当てた>

「どちらの社会モデルが優れているか、比べてみよう」――北欧の福祉国家を「社会主義」と批判する米政府の報告書に対して、デンマークのラース・ロッケ・ラスムッセン首相は挑発的なメッセージを送った。

トランプ政権は10月23日、「社会主義の機会費用」と題する報告書を発表。世界の他の社会主義諸国とともに、デンマークをはじめとする北欧諸国の社会主義的な体制を攻撃した。

だが、デンマークのコペンハーゲン・ポストのウェブ版は、この報告書は「むしろ、共産主義政権下の中国やソ連、ベネズエラの失敗にあてはまるようだ」と皮肉った。

税制、教育、収入などに焦点をあてたこの報告書は、アメリカの生活水準はデンマーク及び北欧諸国よりも15%高いと結論づけている。

「いくつかの対策によって、アメリカの貧困世帯でさえ、北欧諸国の平均的な世帯より生活水準が上になっている」と、報告書は主張する。

デンマークの専門家や政治家は放置できず、報告書は不正確で間違っていると反論している。

「確かに、われわれは高い税金を払っている。だがそれに見合う恩恵を受けている」と、ラスムッセンはフェイスブックへの投稿で主張した。「わが国の子供たちは誰であろうと、どこの出身であろうと、教育を受けることができる。病気になれば、病院に行って治療を受けることができる。特別な健康保険に加入しているかどうかや、銀行預金の有無は関係ない」

「失業したり、困難に直面したり、支援を必要とする人に対して、わが国の社会は手を差し伸べ、正しい道にいざなう仕組みができている」

目標は若い有権者の取り込み

デンマーク議会の最大政党、社会民主党の報道官は、トランプの好きな「フェイク・ニュース」という言葉を使って、この報告書を攻撃した。また、これはアメリカの中間選挙を見据えた明らかな「脅し戦術」だとも指摘。進歩主義的な民主党候補が全米各地で大きく躍進しているため、共和党勢力は民主党の対立候補を社会主義的とレッテル付けして挽回を図っているのだ。

ワシントンにあるピーターソン国際経済研究所(PIIE)の上級研究員ヤコブ・キルケゴールは、11月6日の中間選挙投票日を間近にしたこの時期に、報告書が発表されたことは偶然ではない、と見ている。

「この報告書は、共和党の運動員が有権者を引き込むための『宣伝パンフレット』だ」と、彼はコペンハーゲン・ポストの取材で述べ、さらにアメリカにおいて社会主義は、高齢者よりも若い世代に人気があることを指摘した。

「若者は経済的な恩恵に預かる機会が少ないばかりか、教育を受けた若者の多くは多額の学生ローンを負っている。だからアメリカではかなり多くの若者が、大規模な所得再分配で格差を是正する北欧のような体制を支持している」

ニュース速報

ワールド

米エクソン、シンガポールの人員を7%削減 「前例な

ワールド

解任されたミャンマー国連大使、正統性を主張 米国が

ワールド

バイデン氏、タンデン行政管理予算局長の指名撤回

ワールド

ミャンマーのウィン・ミン氏、新たに2容疑で訴追=弁

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月