最新記事

働き方

正規・非正規の待遇格差をなくせば日本の働き方は変わる

2018年10月24日(水)14時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

日本の場合、正規と非正規では収入面で著しい格差がある Boarding1Now/iStock.

<過去25年で日本の労働者のうち非正規雇用者が占める割合は2倍に増加。しかし非正規を正規にすることだけが改善策ではない>

雇用の非正規化は、日本社会の変化を言い表す代表的なワードの一つだ。戦後初期の頃までは自営業が多かったが、今では働く人の大半が雇用労働者だ。

雇用労働者は正規雇用者と非正規雇用者に分かれ、日本では後者が増えている。1992年の非正規雇用者(パート、アルバイト、嘱託、派遣社員)は1053万人だったが、四半世紀を経た2017年では2133万人に膨れ上がっている(総務省『就業構造基本調査』)。2倍以上の増加だ。

正規雇用と非正規雇用の比率は、1992年では「4:1」だったが、2017年では「3:2」に様変わりした。今日では、雇用労働者の4割が非正規雇用者ということになる。雇用の非正規化の数値的な表現だ。

不安定就労やワーキングプアが増えるなど、否定的に捉えられることが多いが、非正規も働き方の一つだ。ライト、柔軟でゆるい働き方ができるという面もある。非正規の形態で働いている人の思惑は様々だ。

2017年の『就業構造基本調査』では、非正規雇用者に対し、現在の就業形態を選んだ理由を尋ねている。<図1>は、5歳刻みの年齢層ごとの理由内訳を面グラフで表現したものだ。

maita181024-chart01.jpg

ライフステージやジェンダーの違いが出ている。学生が多い若年層では、学業の合間の学費や小遣い稼ぎが大半だが、働き盛りになると男性では「正規の仕事がないから」という理由が増えてくる。女性では「育児・介護との両立」「家計補助」が幅を利かせている。

「専門技術を生かせる」という理由も結構ある。細切れの形で、専門知識や技術を提供している人たちだろう。何とか自分の専門を生かしたいと、正規雇用の枠が著しく少ない専門職にしがみついている人も多いとみられる(図書館司書や大学非常勤講師など)。これらの職業の非正規雇用率は非常に高い。

注目したいのは、正規の仕事がないという理由でやむを得ず非正規でいる人たちだ。いわゆる「不本意非正規」で、実数にすると男女合わせて268万2800人、京都府の人口よりも多い。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月