最新記事

北朝鮮

金正恩の美女エリート外交官にささやかれる出生の秘密

2018年10月11日(木)12時05分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

北朝鮮の「名門」出身の噂もささやかれるチェ・ソニ外務次官 Edgar Su-REUTERS

<重要な外交交渉を仕切るチェ・ソニ外務次官には、金日成の抗日パルチザン時代からの戦友の娘という「名門」出身の噂が>

北朝鮮で、女性エリートの活躍が際立っている。筆頭は金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長だが、金正恩党委員長の妹であり、彼女の活躍自体は意外なものではない。

しかし、北朝鮮の対日・対米外交で女性が前面に立つのは、いままで見られなかった現象だ。7日にポンペオ米国務長官が訪朝した際には、金正恩氏との昼食会に、対米外交の担当者である金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長(統一戦線部長)に加え、金聖恵(キム・ソンヘ)統一戦線部策略室長も同席したとみられる。金聖恵氏は7月、ベトナムで日本の北村滋内閣情報官と極秘接触したとされる人物だ。

彼女にも増して目立っているのが、崔善姫(チェ・ソニ)外務次官だ。今月に入り、中国とロシアを訪問。中国の孔鉉佑外務次官、ロシアのイーゴリ・モルグロフ外務次官と相次いで会談し、9日にはモスクワで3者会談を行った。米国との非核化交渉で両国の支援を取り付けるのが目的と見られ、まさに国運を背負った重要任務と言える。

北朝鮮で政治的に重要なポジションに立った女性としては、金日成主席の後妻である金聖愛(キム・ソンエ)氏や、彼の長女で金正日総書記の実妹である金慶喜(キム・ギョンヒ)氏が知られる。また一般的には知られていないが、金正恩氏の異母姉である金雪松(キム・ソルソン)氏が一時、北朝鮮の人事と政務を一手に掌握する党組織指導部長の要職にあったとも言われる。

参考記事:金正恩氏の「美貌の姉」の素顔...画像を世界初公開

しかしこの3人は、いずれも金王朝のメンバーだ。それ以外で出世した女性としては、崔善姫氏が最高なのではないだろうか。

世界の注目が集まる人物だけに、彼女にも色々な噂がある。たとえばある情報通の脱北者は、次のように語っている。

「チェ氏は、崔永林(チェ・ヨンリム)元総理の養女で、朝鮮労働党に入党した際には、金正日総書記が保証人となったほどのエリートです。北京とマルタに留学経験があり、英語も堪能。もの静かなインテリですが一時期、平壌の上流階級で噂の的になりました。既婚の身でありながら、現外相の李容浩(リ・ヨンホ)氏と男女関係にあったようなのです」

また、別の脱北者は、「崔善姫氏の本当の父親は崔賢(チェ・ヒョン)元人民武力部長だ」と語る。崔賢氏は金日成氏の抗日パルチザン時代からの戦友だ。その一族は北朝鮮において、金王朝に次ぐ「名門」とも言える。崔善姫氏が本当に崔賢氏の娘であるなら、彼女の出世ぶりも「なるほど」と思えるものだ。

ちなみに、党副委員長の崔龍海(チェ・リョンヘ)氏は崔賢氏の息子だ。「変態性スキャンダル」などのために失脚させられながら復活できたのも、父親の威光のおかげと言われる。

いずれにしても、崔善姫氏をはじめとする女性陣の活躍は、かつての北朝鮮では見られなかったものだ。男尊女卑の悪習が色濃く残る北朝鮮において、この部分に関しては、金正恩政権下での「前進」を評価することができる。

参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月