最新記事

小惑星探査

史上初、小惑星への着陸に成功!「はやぶさ2」から投下された2機の小型ロボットに緊張と興奮

2018年10月3日(水)15時50分
鳥嶋真也

2018年9月23日9時46分(日本時間)にミネルヴァII1のローヴァー1Bがホップ直前に撮影した画像。岩塊だらけの小惑星リュウグウの地表がはっきり写っている (C) JAXA

<「はやぶさ2」から小惑星「リュウグウ」に2機の小型ロボットが投下された。小惑星へのローヴァーの着陸成功は世界初の快挙だ>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年9月22日、小惑星「リュウグウ」を探査している探査機「はやぶさ2」から分離・投下した2機の小型の移動探査ロボット「ミネルヴァII1(MINERVA-II1)」を、リュウグウに着陸させることに成功したと発表した

ミネルヴァII1はその後、写真や動画の撮影・送信にも成功。さらに写真などの解析から、リュウグウ表面を移動していることも確認できた。

小惑星へのローヴァーの着陸成功は世界初の快挙となった。そしてさらなる挑戦が待ち構えている。

2機の小型の移動探査ロボット「ミネルヴァII1」

ミネルヴァII1(ツー・ワン)は、JAXAや日本の大学、メーカーなどが開発したローヴァー(移動探査ロボット)で、「はやぶさ2」に搭載されて打ち上げられ、小惑星リュウグウまでやってきた。

ミネルヴァII1は、2機のローヴァー「ローヴァー1A」と「ローヴァー1B」からなっており、それぞれが独立して動くようになっている。ローヴァー1A、1Bともに、直径18cm、高さ7cmの正十六角柱の形をしており、質量は約1.1kgと、手で持てるほどの小ささである。両機ともほとんど同型機だが、搭載しているカメラの台数などが異なる。

ローヴァーというと、NASAが火星で運用しているような、タイヤのついた"探査車"がおなじみである。しかし、リュウグウのような小惑星は重力が小さいため、タイヤで走行することができない。

そこでミネルヴァII1は、機体の内部にモーターを内蔵し、そのモーターを回転させた際の反動で機体が飛び跳ねる(ホップする)、「ホッピング機構」を使ってリュウグウ表面を移動するという仕組みを採用している。JAXAによると、1回のホップで、空中に飛び上がってから着地するまでに最大15分間ほど滞空し、水平方向に最大15mほど移動することができるという。これにより、複数の地点を探査することができる。

さらに、各ローヴァーには自律的に動けるような機構もあり、自分自身で状況を判断しながら探査を行うこともできる。

space1003002.jpg

リュウグウ表面の探査を行うミネルヴァII1の想像図。奥がローヴァー1A、手前がローヴァー1B (C) JAXA

ニュース速報

ワールド

WHO「パンデミック宣言は尚早」、新型ウイルス阻止

ワールド

米政権、新型ウイルスで議会に緊急対策費要請へ 10

ビジネス

バフェット氏、新型ウイルス懸念でも「株式は売らず」

ビジネス

ECB、一般からの意見聴取開始へ 物価目標など政策

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月