最新記事

米最高裁

トランプが最高裁判事候補に指名した「童貞」発言のカバノーは、集団レイプも計画していた?

Kavanaugh Defends Himself With Past Virginity

2018年9月26日(水)19時20分
デービッド・ブレナン

上院司法委員会の指名承認公聴会で証言するブレット・カバノー判事(9月5日)Chris Wattie- REUTERS

<2人の女性から性的暴行で告発され、指名承認が危うくなったカバノー。テレビに出て、問題の時期にはまだ女性経験もなかったと捨て身の反論で全米を驚かせたが>

ドナルド・トランプ大統領の指名を受けて米連邦最高裁判事候補となったブレッド・カバノーは9月24日、フォックス・ニュースに出演し、最近浮上した2件の性的暴行疑惑を否定。事件があったとされる高校時代と大学時代の数年間は、童貞だったと語った。

現在、連邦控訴裁判所の判事を務めるカバノーは、男子高ジョージタウン・プレップスクールからエール大学に進んだエリートだが、当時の知り合いの女性が相次いで被害を訴え出た。近く3人目が名乗り出るという情報もある。

指名を承認する上院採決の直前に持ち上がったこの性スキャンダルで、一時は確実と思われたカバノーの最高裁判事就任は危うくなってきた。テレビでの驚くほどあけすけな童貞発言は、承認をめざすトランプと共和党にとって大きくなり過ぎたスキャンダルの流れを変え、主導権を取り戻すためのものだった。

最初にカバノーを告発したのは、カリフォルニア州パロアルト大学の心理学者クリスティン・ブラジー・フォード教授。1982年に高校のパーティーでカバノーに襲われたという。当時、フォードは15歳、カバノーは17歳。カバノーと彼の友人マーク・ジャッジはフォードを2階の寝室に招き入れ、カバノーが彼女を押さえつけ、手で口を覆い、服を脱がそうとしたという。

そして9月23日、2人目の告発者が現れた。エール大学でカバノーの同級生だったデボラ・ラミレスで、1983~84年度にカバノーは寮のパーティーで自分の性器を見せたと訴えている。ラミレスによれば、カバノーは飲酒ゲームの最中に、彼女の顔面に自分のペニスを突きつけたという。

告発者も性行為は否定

24日に妻アシュリー・エステスと共にフォックス・ニュースに登場したカバノーは、司会者マーサ・マッカラムに対し、2件の告発を全面的に否定した。

カバノーは、高校卒業後もずっと、性交や「それに近い行為」に及んだことはなかったと言った。マッカラムは「つまり、わいせつ行為があったとされる問題の時期には童貞だったと言うのですね?」と尋ねた。カバノーは答えた。「そのとおり」

マッカラムは、大学時代はいつまで童貞だったのかと尋ねた。「何年も、とだけ言っておこう。何年も経ってからだ」と、カバノーは答えた。

もっとも、告発した2人の女性はいずれも、カバノーと性交はしていないと言っている。

この告発に対するカバノーの公式な回答を待つため、カバノーの連邦最高裁判事就任を承認する投票は延期された。フォードも27日に上院司法委員会で証言することになっている。

ミッチ・マコネル上院議員(共和党)はこれらの告発を、カバノーの承認手続きを遅らせようとする民主党による組織的中傷、とはねつけ、共和党はカバノーの指名承認に向けて突き進むと述べた。

共和党がカバノーを擁護するのは、保守派の彼の指名が承認されれば、9人の最高裁判事のうち5人が保守派になるから。人工妊娠中絶を禁止するのも、銃規制を緩和するのも、自由自在、ということになりかねない。トランプの狙いもそこだ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月