最新記事

海洋生物

発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「アフロディテ」

Researchers Discover 'Beautiful' Mystery Deep Sea Fish

2018年9月26日(水)17時00分
キャサリン・ハイネット

「美の女神」と名付けられた魚の住みかは珊瑚礁 Luiz Rocha/2018 California Academy of Sciences

<ピンクと黄色の縞模様をまとう世にも美しい魚が見つかった。浅くもなく深すぎもしないその海「トワイライトゾーン」は、まだ人類にとって未知の海だ>

水深120メートルの海を泳ぐ新種の魚を発見したカリフォルニア科学アカデミーの科学者たちは、その美しさに心を奪われた。珊瑚礁で見つけた色鮮やかなその魚に気をとられるあまり、すぐ上をめったに見られない巨大なカグラザメが通り過ぎていったのにも気づかなかったほどだ。

ブラジル沿岸から970キロ沖の列島海域で潜水していた研究チームは、珊瑚礁に潜む未知の極彩色の魚を発見した。ギリシャ神話の愛と美の女神にちなみ、トサノイデス・アフロディテ(Tosanoides aphrodite)と名づけられたその新種は、研究チームにより学術誌「ズーキーズ(ZooKeys)」で報告された。

「新種を発見するといつでも興奮するが、今回はあまりに壮観で予想外だったので、潜水の間中ずっと夢見心地だった」と、カリフォルニア科学アカデミーの魚類担当キュレーターを務めるルイス・ロチャは本誌に語った。

アフロディテにちなんで名づけられたものの、強烈なピンクと黄の縞模様をまとったこの新種のオスは、パンクバンドかブラックライト・パーティーを連想させる。メスはもう少し控えめで、赤みがかったオレンジ色だ。


Luiz Rocha/2018 California Academy of Sciences

「これまでに目にした魚のなかでも、屈指の美しさだ」とロチャは声明で述べている。「あまりにも魅力的だったので、まわりのものが何も目に入らなくなった」

こんなに鮮やかな理由はまだ不明

謎めいたこのアフロディテは、海のトワイライトゾーン(薄光層)に生息している。太陽の光がわずかしか届かない海だ。「トワイライトゾーンの魚は、ピンクや赤っぽい色を持つ傾向がある」と、アカデミーの研究者ハドソン・ピニェイロは述べる。「赤い光はこの深さまで届かないため、ライトで照らさない限り、見えにくい」

これほど鮮やかな色になった正確な理由はわかっていないが、仮説はある。「有力なのは、この深さでは見えなくなる赤を保護色として使っているということ。だがそれだと、メスが保護色になっていない説明がつかない」と、ロチャは言う。「謎を解明するため、今、視覚遺伝子の配列を解析しているところだ」

研究チームは、この魚を顕微鏡で観察し、DNAを分析した。その結果、これまで大西洋では確認されていなかった種類であることが明らかになった。

トワイライトゾーンに広がる珊瑚礁は、従来の潜水艇が探査する深さよりは浅いが、娯楽目的のダイバーが潜るには深すぎるため、調査が進んでいない。まだまだ秘密がたくさん隠されている可能性がある。

「珊瑚礁が地球規模の危機にさらされている現在、まだ調査されていない珊瑚礁の生息環境や、そこに住む色鮮やかな生物たちについて理解を深めることは、それらを保護するための方法を知るうえできわめて重要だ」と、ロチャは言う。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月