最新記事

貿易戦争

トランプ政権、貿易巡り中国との接触強める 協議再開を提案

2018年9月13日(木)08時41分

 9月12日、米トランプ政権は、米中通商協議の再開に向けて中国側と接触した。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は12日、トランプ政権は貿易問題を巡り中国との接触を強めたと明らかにした。複数の関係筋によると、米政府は既に、通商協議の再開を中国側に提案したという。

関係筋によると、ムニューシン米財務長官をはじめとする米高官らは、中国の劉鶴副首相を含む政府高官らに対して協議の再開を提案した。

トランプ政権は2000億ドル分の中国製品に対する追加関税の発動を準備しており、幅広いIT製品や消費財が対象に含まれている。

カドロー氏は中国側に協議再開を提案したかについては言及しなかったが、中国との接触が「加速した」と明かした。記者団に対し、「財務省は中国と連絡と取り合っている。それ以上は述べられない」と語った。

こういった接触は「好ましい」とした上で、「米側の大多数は、協議しないより協議するほうが好ましいと考えている。中国政府は協議に前向きだと思う」とした。

トランプ政権が中国と新たな協議を行うことを望んでいるかとの質問には「中国が真剣な態度で、好ましい結果を目指して協議に臨むならば、無論、協議を行いたい。われわれは何カ月も前からそのように要請してきた」と応じた。ただ、「何も保証できない」と付け加えた。

関係筋によると、米側が提案している協議の時期や場所は不明。米中は8月にも事務レベルでの協議を開いたが、目立った進展は見られなかった。

米財務省報道官はコメントの求めに応じていない。

米国側による協議の提案については、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が最初に報じた。

トランプ大統領は前週、2000億ドル分の中国製品に対して準備を進めている追加関税措置に加えて、新たに2670億ドル相当の中国製品に関税を課す用意があると明らかにしている。

両国間で繰り広げられている貿易戦争は2国間貿易の全てに影響が広がる恐れがあり、市場では懸念が強まっている。両政府が閣僚級の協議を開催する運びとなれば、こういった懸念が後退するとみられる。

*内容を追加します。



[ワシントン 12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月