最新記事

医療

イスラム大巡礼を利用して紛争地の感染症データを収集せよ

Pilgrims’ Progress

2018年9月5日(水)17時00分
ジェス・クレイグ

イスラム教の聖地メッカには毎年大勢の巡礼者が押し寄せる KAZUYOSHI NOMACHI/GETTY IMAGES

<イスラム教の聖地に集まる巡礼「ハッジ」を利用して、実態がつかみにくい紛争地帯の感染症対策が可能に>

年に1度、世界中のイスラム教徒がサウジアラビアに押し寄せる。目的はハッジ(大巡礼)――イスラム教の聖地メッカに巡礼する世界最大規模の大イベントで、イスラム暦の12月、今年は8月下旬に行われた。

期間中に180カ国以上から集まる巡礼者は推定200万人。そして、彼らの健康状態に目を光らせる医療関係者2万5000人もやって来る。

中東と北アフリカでは近年、市民暴動や紛争、大量の難民が原因で感染症が大流行している。ベイルート・アメリカン大学などの共同調査によれば、「戦争とその後の無秩序状態は往々にして感染症が拡大し、再燃する格好の条件を生む」という。

例えばシリアでは、7年に及ぶ内戦で公衆衛生システムが崩壊。病院や診療所は破壊され、医療スタッフは逃げ出し、抗生物質や抗炎症薬、果ては点滴用の薬剤も不足する始末だ。

幼児期の予防接種プログラムは中止され、水道の浄化施設が機能停止してきれいな水が手に入らず、結核、皮膚リーシュマニア症、狂犬病、肝炎、エンテロウイルス、赤痢、サルモネラ、上気道感染症が同時に流行。インフルエンザも蔓延している。

シリアやイラク、南スーダンでは、根絶またはほぼ根絶され、ワクチンで予防可能なポリオや麻疹(はしか)などの病気が息を吹き返している。イエメンとソマリアではコレラが大流行し、WHO(世界保健機関)によれば近年最悪のレベルに達した。

こうした紛争多発地帯では珍しい病気も増えている。銃撃戦や空爆で破壊された村では虫や野犬などが増え、それらが媒介するリーシュマニア症、狂犬病、疥癬などが増加。食品・水質汚染により、ブルセラ症、トキソプラズマ症、髄膜炎、リステリア症なども増加傾向にある。

最近は人道援助団体が紛争地で活動することも極めて困難で、感染の規模を十分把握し難い。「紛争地における公衆衛生制度の混乱を考えれば、マスギャザリング(大勢の人間が集まるイベント)は定点観測調査と公衆衛生的介入を1カ所でできる好機だ」と、サウジアラビアのジアド・メミシュ元副保健相らは指摘する。

国を挙げての取り組みが

12年にWHOマスギャザリング医学協力センターを創設したメミシュはこの分野の先駆者的存在であり、サウジアラビアはマスギャザリング医学の本場だ。サウジアラビア政府は長年、米疾病対策センター(CDC)やWHOなど公衆衛生関連機関からアドバイスと技術支援を受けており、ハッジ期間中の公衆衛生上の取り組みを管理し、資金も出しているとメミシュは言う。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 10

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月