最新記事

日本社会

全国の孤独死の3分の1は東京23区で起きている

2018年9月26日(水)13時30分
舞田敏彦(教育社会学者)

高齢者の「つながり」を創出する実践が全国で求められている Ridofranz/iStock.

<この20年で激増する孤独死の背景にあるのは、単身高齢者の増加による「関係の貧困」>

アパート暮らしの単身の高齢者が増えているが、家主にとって怖いのが「孤独死」だ。入居している高齢者が孤独死した際、特殊清掃や遺品整理などの費用が下りる家主向けの保険が増えている。超高齢社会を迎え、家族の絆が希薄化している現状で、需要が増大しているのだろう。

このように社会問題になっている孤独死だが、数で言うとどのくらい発生しているのか。正確な統計はないが、厚労省の死因統計から近似値(相似値)を知ることはできる。「立会人のいない死亡」というカテゴリーの死亡者数だ。死亡時に立会人がおらず、死因が特定できなかったケースを指している。

2017年は2480人で、性別で見ると男性が1939人、女性が541人となっている。8割近くが男性だが、人付き合いをあまりしない人が男性では多いためだろう。時系列の推移も見てみた。<表1>は、今世紀以降の推移を整理したものだ。地域別の数値も分かるので、都市部の東京23区の推移データも拾ってみた。

maita180926-chart01.jpg

立会人のいない死亡者は増加している。全国をみると1999年では665人だったが、2017年では上述のように2480人だ。この18年間で孤独死は4倍近くに増えている。都内23区では増加はより顕著で、10倍に膨れ上がっている(85人→862人)。

表の右端の数値によると、日本全国の孤独死の3分の1は都内23区で起きていることが分かる(2017年)。都内23区の人口比は7.6%でしかないことを考えると、極端な偏りだ。人間関係が希薄な大都市で孤独死は起きやすいのだろう。最近ではその傾向が強まっている。地方から上京してきた(身寄りのない)団塊世代が高齢期に達したことも背景にあるのではないか。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

30年温室ガス削減目標、菅首相発言の方向で検討中=

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利を12カ月連続で据え置き

ワールド

ロシア、ウクライナ国境に軍部隊15万人超を集結=E

ワールド

モンデール元駐日米大使が死去、93歳=報道

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

  • 8

    ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

  • 9

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 10

    中国進出企業は今すぐ撤退せよ

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 7

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 8

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月