最新記事

米中対立

【南シナ海】中国がASEAN諸国と新たな合同軍事演習を画策

China Wants Asia War Games and U.S. Not Invited: Report

2018年8月3日(金)19時27分
トム・オコナー

中国の人民解放軍は2014年と2016年の「リムパック」に参加したChinese People's Liberation Army/U.S. Department of Defense-REUTERS

<今年の「リムパック」に招かれなかった仕返しか。中国がASEAN諸国を巻き込んでアメリカ抜きの新たな合同軍事演習を始めようとしている>

中国が、東南アジア諸国連合(ASEAN)を新たな合同軍事演習に招待したことが分かった。ただしアメリカは招かれていない。

中国とASEANが策定を進めている南シナ海における「行動規範」草案の中で、中国はASEAN加盟10カ国の首脳に対し、定期的な合同軍事演習への参加と、南シナ海での合同の石油・ガス探査を呼び掛けている。草案を確認したAFP通信が8月2日に報じた。これに最も反発したのはベトナムで、中国はASEAN諸国と領有権を争う海域に人工島を造成し軍事拠点化している、と名指しで非難したが、他の国々はほとんど抵抗しなかったようだ。

AFP通信によれば、中国は草案の中で、合同軍事演習には中国とASEAN以外の第三国の参加は「事前通知の上、どの国からも反対が出なかった場合に限る」、とわざわざ明記したという。

今回の報道は、米中関係が悪化の一途をたどる中、米海軍の主導で世界から20カ国以上の海軍が参加する世界最大規模の「環太平洋合同演習」(リムパック)が8月4日に終了する直前というタイミングで浮上した。アメリカは5月、今年のリムパックに中国を招待しないと発表。ASEANでは7カ国が参加し、東南アジアにおけるアメリカの軍事的影響力を見せつけた。

近代化した中国軍

一方の中国軍は7月31日、中国人民解放軍の建軍91周年を盛大に祝った。かつては中国共産党のゲリラ部隊だったが、今では近代化した巨大な軍隊へと成長した。中国の習近平国家主席は2013年の就任以降、今世紀半ばまでに中国軍を「世界一流の軍隊」に進化させる必要性を強調。アメリカを大いに刺激した。

アメリカは、中国が裏で卑怯なやり方をして政治的にも経済的にも自国の国際的地位を高めようとしている、と非難してきた。とりわけドナルド・トランプ米政権は、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムを含む周辺国が領有権を主張している南シナ海のほぼ全域の領有権を主張する中国と中国軍の活動を激しく批判してきた。

あそこは自分たちの領海だから軍隊を派遣する権利がある、と中国は主張するが、アメリカはそうした主張を認めず、中国による軍事拠点化に断固反対する立場を示すため、南シナ海の人工島近くで「航行の自由作戦」を実施してきた。中国軍がそれに逆らうように5月18日、核搭載可能なH6K爆撃機を南シナ海の複数の人工島や環礁に着陸させた。アメリカはその5日後、中国が南シナ海で「軍事拠点化を続けている」ことを理由に、リムパックへの中国の招待を取り消した。

ニュース速報

ワールド

中国PPI、6月は5カ月連続の低下 回復の兆しも

ビジネス

エアアジア、2億3000万ドル超の資金調達へ協議中

ビジネス

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者120

ワールド

豪、香港への渡航・滞在に注意喚起 拘束リスク警告

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月