最新記事

北朝鮮

金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

2018年7月12日(木)11時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

今月初めに平壌で開催された南北統一バスケットボール大会を観戦する北朝鮮の人々 Yonghap/REUTERS

<南北朝鮮のチームが参加した平壌でのバスケットボール大会の開催期間中、大学生に対して「デート禁止令」を出した当局に若者からは不満の声が>

北朝鮮は、極端に娯楽の少ない国だ。そのため、特に若者たちは、自分たちなりに工夫をしなければならないのだが、そこにはそれなりのリスクもある。

北朝鮮では、「非社会主義的現象」の取り締まりと称して風紀取り締まりキャンペーンが繰り返されており、少しでも社会規範から逸脱したと見なされたら、とんでもない罰を下されることになる。

参考記事:北朝鮮の少年少女が恐れる「少年院送り」...それでも止められない遊びとは

ちなみに非社会主義的現象とは、文字通り北朝鮮が標榜する社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。たとえば賭博、売買春、違法薬物の密売や乱用、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴、ヤミ金融、宗教を含む迷信などなどだ。もちろん、その他の刑事事犯も含まれる。

しかし実際のところ、北朝鮮には社会主義の気風などほとんど残っていない。1990年代に計画経済と配給システムが崩壊したために、その後はなし崩し的に市場経済化が進行。その過程で、売買春や薬物の乱用が、資本主義国も真っ青な勢いで蔓延した。

参考記事:コンドーム着用はゼロ...「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

男女の出会いの機会も、日本や韓国に比べるとごく限られており、少ないチャンスで意中の異性を射止めなければならない。

そんな中、今月の4日と5日に首都・平壌の柳京鄭周永体育館で開かれた、北朝鮮と韓国による南北統一バスケットボール大会を、若者らは大いに楽しみにしていたはずだ。ところが北朝鮮当局は、そんな華やいだ気分に水を差す、とんでもない指示を下した。

大会に合わせて北朝鮮当局は、平壌市民に対して服装に気をつけることと、野外で男女が踊らないようにとの指示を出したのだ。

米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)の平壌情報筋によると、平壌市内の人民班(町内会)会議で、次のような指示が伝えられた。

「北南統一バスケットボール競技が行われる間、明るくきれいな服装にして、南朝鮮(韓国)に平壌市民の文化レベルを見せつけよう」

「男女がグループになってピクニックでビールを飲み踊って歌うという資本主義遊び人風は、徹底的に排撃せよ」

別の情報筋によると、今月初めから市内の大学生に対して大学当局から「大会中は、制服をきちんと着て、夜に平壌駅前、高麗ホテル前の通り、大同江の遊歩道での恋愛(デート)は根絶せよ」との指示が伝えられた。

各大学の青年同盟は糾察隊を立ち上げ、通りで朝から晩まで学生の行動や動線を監視した。これは、学生がバスケや韓国人見たさに体育館に近づくことを未然に防ぐための措置だと情報筋は指摘した。

4月に行われた南朝鮮芸術団の公演を多くの学生が見たがったが、実際に見ることができたのは選びに選びぬかれたごく一部の学生だけで、えこひいきに対する金正恩党委員長への不満が高まった。

今回のバスケ大会も見られなかった学生たちからは、「今の北朝鮮がやっていることは、朝鮮王朝時代の鎖国政策と何も変わらない」との批判が上がっているという。金正恩氏は日頃、「これからは若者だ」として青少年を重視する発言を行っているのだが、そのくせ、若者の気持ちが読めないところがある。

本人がまだ34歳と若いだけに、青年層とのコミュニケーションがうまくできなければ、将来的に国家運営にまで支障が出てきてしまうのではないだろうか。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月