最新記事

アメリカ外交

お騒がせな在独アメリカ大使、着任そうそう大使の送還を求める声

2018年6月13日(水)17時20分
モーゲンスタン陽子

5月に着任した在独アメリカ大使リチャード・グラネル Stringer-REUTERS

<今年5月に就任したばかりの在ドイツアメリカ大使、リチャード・グラネルが就任以来何かと物議を醸している>

今年5月に就任したばかりの在ドイツアメリカ大使、リチャード・グラネルはトランプ大統領の右腕とも目される人物だ。就任以来何かと物議を醸しているが、今月初めに欧州の右派勢力の増勢に協力したい考えを示し、ドイツの有力政治家が反発、大使の送還を求める声が強まっている。

ホワイトハウスは大使の発言を擁護。グラネルも強気の姿勢を見せていたが、G7でアメリカと、カナダはじめ他国間との緊張が高まったためだろうか、態度を軟化。また、12日に予定されていた、右派として知られるオーストリアのセバスティアン・クルツ首相との会合を土壇場でキャンセルした。

トランプ式「保守」はヨーロッパでは「極右」

就任1ヶ月にも満たない今月初めグラネルは、右翼系ニュースサイト、ブライトバートのインタビューで、「ヨーロッパ中のコンサバティブ勢力を何としても力づけたい」と発言。「コンサバティブ:保守」という言葉を用いてはいるが、ヨーロッパの現状を「左派の政策の失敗」と表し、またドイツの極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)への言及はないものの、極右の自由党と連立政権を組むオーストリア国民党のクルツ首相を「ロックスター」と英雄視していることから、この発言は欧州の極右・反体制派を支持するものとして、ドイツでは大きな反発を招いた。

ドイツ国際公共放送ドイチェ・ウェレ特派員はポリティコ誌に、グラネルはドイツに対する脅威であると寄稿。外国人排斥や「偉大な」国への回帰を掲げるトランプ式コンサバティブはヨーロッパでは「極右」にあたると指摘。Making Germany Great Again に最も力を入れているのはAfDだ。

左翼党の共同党首サラ・ヴァーゲンクネヒトは「米大使リチャード・グラネルのような人が、誰がヨーロッパを統治するしないについて領主のように指示できると思っているなら、もはや外交官としてドイツに留まることはできない」と反発(ガーディアン)。

中道左派の社会民主党(SPD)のマルティン・シュルツ前党首も、「ワシントンのドイツ大使が、民主党をサポートするためにそこにいるなどと言ったなら、すぐさま追放されるだろう」と述べる(ザ・ローカル)。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月