最新記事

東南アジア

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張

2018年5月7日(月)17時12分
大塚智彦(PanAsiaNews)

5月1日、ジャカルタではメーデーに参加した労働者らのデモ隊が警官隊と一触即発の状況に。Beawiharta Beawiharta-REUTERS

<インドネシアが民主化によって獲得した「表現の自由」が、政治の季節に対立を生み出すきっかけになっている──>

東南アジア諸国連合(ASEAN)最大の民主国家インドネシアが揺れている。2019年の国会議員選挙、大統領選挙の前哨戦となる統一地方首長選挙を6月に、そして正副大統領候補の締め切りを8月に控えて宗教や民族に関わる発言が大きくクローズアップされ、問題視され、物議を醸しているのだ。

特にヘイトスピーチだ、反イスラムだ、国家と民族を分断しようとする誹謗中傷だとして個人攻撃や警察への告発が多発、公の場での謝罪に追い込まれたり、警察の事情聴取を受けたり、脅迫されたりと「言葉狩り」のような状況は「モノ言えば唇寒し」という閉塞社会にインドネシアを次第に追い込みつつあり、一触即発の事態への懸念も高まっている。

スカルノ大統領3女が"反イスラム"で謝罪

3月29日、首都ジャカルタの中心部で開催されたファッションショーのイベントに"インドネシア独立の父"としていまだに強い支持と尊敬を集めるスカルノ初代大統領の3女スクマワティさんが登場。自作の詩「インドネシアの母」を朗読した。

その詩の中で「私はイスラムのシャリア(イスラム法)は知らないが、インドネシアの結った髪は麗しく、チャダル(イスラム教徒の女性が目以外を覆う布)よりも美しい」「インドネシアの歌はとても麗しく、アザーン(イスラム教寺院の礼拝の呼びかけ)より美しい」と述べた。

これが「イスラム教への冒涜である」とジャカルタ特別州の弁護士グループ、そしてイスラム団体「ナフダトール・ウラマ(MU)」が批判の狼煙を上げ、4月3日にジャカルタ警察に「宗教冒涜罪容疑」で告発した。

これを受けてスクマワティさんは翌4日に「イスラム教徒で不快な思いをした人に謝罪します。侮辱の意図はなかった。私もイスラム教徒でそのことを誇りに思っている」と全面的謝罪に追い込まれた。

それでも納得しない一部イスラム急進派は4月6日にデモが挙行、参加者は「スクマワティを逮捕しろ」と叫んだ。

ニュース速報

ビジネス

中国不動産投資、6月は伸び鈍化 6カ月ぶり低水準

ビジネス

中国、香港との株式相互取引を拡大しない方針

ビジネス

第2四半期中国GDP、前年比+6.7%にやや減速 

ワールド

トランプ米大統領、EUは貿易面で「敵」と発言=CB

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話す子どももいた

  • 4

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 4

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 5

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 6

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 10

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月