最新記事

東南アジア

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張

2018年5月7日(月)17時12分
大塚智彦(PanAsiaNews)

5月1日、ジャカルタではメーデーに参加した労働者らのデモ隊が警官隊と一触即発の状況に。Beawiharta Beawiharta-REUTERS

<インドネシアが民主化によって獲得した「表現の自由」が、政治の季節に対立を生み出すきっかけになっている──>

東南アジア諸国連合(ASEAN)最大の民主国家インドネシアが揺れている。2019年の国会議員選挙、大統領選挙の前哨戦となる統一地方首長選挙を6月に、そして正副大統領候補の締め切りを8月に控えて宗教や民族に関わる発言が大きくクローズアップされ、問題視され、物議を醸しているのだ。

特にヘイトスピーチだ、反イスラムだ、国家と民族を分断しようとする誹謗中傷だとして個人攻撃や警察への告発が多発、公の場での謝罪に追い込まれたり、警察の事情聴取を受けたり、脅迫されたりと「言葉狩り」のような状況は「モノ言えば唇寒し」という閉塞社会にインドネシアを次第に追い込みつつあり、一触即発の事態への懸念も高まっている。

スカルノ大統領3女が"反イスラム"で謝罪

3月29日、首都ジャカルタの中心部で開催されたファッションショーのイベントに"インドネシア独立の父"としていまだに強い支持と尊敬を集めるスカルノ初代大統領の3女スクマワティさんが登場。自作の詩「インドネシアの母」を朗読した。

その詩の中で「私はイスラムのシャリア(イスラム法)は知らないが、インドネシアの結った髪は麗しく、チャダル(イスラム教徒の女性が目以外を覆う布)よりも美しい」「インドネシアの歌はとても麗しく、アザーン(イスラム教寺院の礼拝の呼びかけ)より美しい」と述べた。

これが「イスラム教への冒涜である」とジャカルタ特別州の弁護士グループ、そしてイスラム団体「ナフダトール・ウラマ(MU)」が批判の狼煙を上げ、4月3日にジャカルタ警察に「宗教冒涜罪容疑」で告発した。

これを受けてスクマワティさんは翌4日に「イスラム教徒で不快な思いをした人に謝罪します。侮辱の意図はなかった。私もイスラム教徒でそのことを誇りに思っている」と全面的謝罪に追い込まれた。

それでも納得しない一部イスラム急進派は4月6日にデモが挙行、参加者は「スクマワティを逮捕しろ」と叫んだ。

ニュース速報

ビジネス

財政緩んだユーロ圏債務国、市場から敬遠も=ECB金

ビジネス

正午のドルは109円半ば、リスク回避ムード一服

ワールド

米上院、マクウィリアムズ氏のFDIC総裁指名を承認

ビジネス

アングル:原油高に苦しむ米航空株、割安感と旅行需要

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」 大物感漂う姿が話題 

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 7

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 8

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月