最新記事

感染症

致死率75%、ワクチン未開発の「ニパウイルス」、インドで感染拡大の可能性

2018年5月23日(水)17時20分
高森郁哉

致死率は75%の「ニパウイルス」は、コウモリやブタとの接触を通じて感染する CraigRJD-iStock

<インド南部ケーララ州で、致死率は75%の「ニパウイルス」の感染が確認され、これまでに10人が死亡した>

インド南部ケーララ州で、致死性が高く現在までワクチンが開発されていない「ニパウイルス」の感染が確認され、これまでに10人が死亡した。USAトゥデイCNNなどが報じている。

ニパウイルスとは

国立感染症研究所の説明によると、ニパウイルスは1997年〜1999年にマレーシアの養豚場労働者の間で急性脳炎が流行した際に、病原体として初めて確認された新種のウイルス。

ニパウイルスは人間、コウモリ、ブタとの接触を通じて感染する。感染した患者には、急な発熱、頭痛、めまい、嘔吐などの急性脳炎の症状が現れる。これまでワクチンは開発されておらず、治療は対症療法に限られる。

ニパウイルスは21世紀に入ってからもアジアで散発的に流行している。世界保健機関(WHO)の統計によると、2001年〜2012年の間にインドとバングラディシュで計280件の感染例が確認され、211人が死亡。致死率は75%となっている。

ケーララ州の状況

報道によると、ケーララ州の保健当局は5月22日、ニパウイルスに感染した患者のうち少なくとも10人が死亡したと発表。死者との接触があった90人以上を隔離したが、ほかにも発熱などの症状が出た患者数百人が病院に殺到しているという。

同州政府はWHOなどに報告し、感染拡大を防ぐため専門家チームの派遣を要請した。

隣州でも感染の疑いがある患者が隔離

感染はケーララ州を越えて広がっている可能性がある。ニュー・インディアン・エクスプレスの記事によると、ケーララ州に隣接するカルナータカ州のマンガロール市で、ニパウイルスに感染した疑いのある患者2人を隔離したという。

そのうち1人は20歳の女性で、今回の流行で看護師が死亡したケーララ州コーリコード市の病院を訪れ、当該看護師と接触していた。もう1人は75歳の男性で、旅行の履歴はないが、両者とも発熱や頭痛の症状があるという。カルナータカ州当局は、2人を隔離し、血液サンプルを分析に回したと説明している。


ニュース速報

ワールド

スイス政府、18・19年成長率予想を据え置き 世界

ビジネス

中曽前日銀副総裁、大和総研理事長に就任へ 武藤氏は

ビジネス

日経平均は大幅続落、米中摩擦拡大への懸念で2週ぶり

ビジネス

IR法案が衆院通過、延長国会で成立へ

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 6

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    タツノオトシゴの丸焼きがタイで炎上、一転保護へ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 9

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月