最新記事

英王室

エリザベス女王はイスラム教の預言者ムハンマドの子孫?

Is Queen Elizabeth II a Descendant of Prophet Muhammad?

2018年4月13日(金)16時20分
クリスティナ・マザ

2010年にアラブ首長国連邦・アブダビのモスクを訪問したエリザベス英女王 REUTERS

<スペイン王室との婚姻関係を通じてイスラム教の開祖と英王室の血統が繋がるという新説が登場>

イギリスのエリザベス女王はイスラム教の預言者ムハンマドの直系の子孫――モロッコの新聞が英王室の家系図をさかのぼるとイスラム教の開祖にたどり着くと報道した。

この説は1980年代の後半にも浮上したことがあり、英王室の系譜を記した『バーク貴族名鑑』によると、エリザベス女王は8~15世紀にかけてスペインを支配したイスラム王朝の血統に繋がるというものだ。

英王室研究の権威で『バーク貴族名鑑』の発行元のハロルド・ブルックスベーカーは、1986年に当時のマーガレット・サッチャー首相に宛てて、「イギリスの人々にはほとんど知られていないが、ムハンマドの血がエリザベス女王の体に流れている。イスラム教の宗教指導者は、この事実を誇りに感じている」と書いている。

その後この説は、ほとんど注目されてこなかったが、今週モロッコのアラビア語週刊紙が、スペインの当時のアンダルス(今のアンダルシア地方)のセビリアでアッバード朝を開いたアッバード1世が、エリザベス女王と繋がっているという家系図を掲載した。

英タイムズ紙が転載したこの家系図によれば、アッバード1世は、現在のサウジアラビアで632年に死亡した預言者ムハンマドの直系の子孫で、アッバード1世から繋がる英王室もムハンマドの子孫となる。

しかし歴史家は、ムハンマドと英王室が繋がっている可能性はあるものの、立証された事実ではないという。スペイン王室と英王室の婚姻関係は数世紀に渡って続き、現在の双方の王室は1837年在位の英ビクトリア女王の子孫にあたる。

ブルックスベーカーは、ムハンマドとビクトリア女王が、アッバード1世の子孫でセビリアのイスラム王国のサイーダ王女を通じて繋がっているとしている。サイーダはキリスト教に改宗し、カスティーリャ国王のアルフォンソ6世の側室となった。

ニュース速報

ビジネス

貿易摩擦、激化すれば金融市場に悪影響へ=モスコビシ

ビジネス

正午のドルは112円後半、113円台に乗せるエネル

ビジネス

国内ライドシェア禁止に「信じられない=ソフトバンク

ワールド

EU当局者、来週の訪米で自動車関税巡り合意模索=ト

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 7

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 8

    「おカネの若者離れ」で、どんどん狭くなる趣味の世界

  • 9

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 4

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 5

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 6

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 7

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 8

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月