最新記事

中台関係

中国が台湾海峡で実弾演習

2018年4月19日(木)18時58分
トム・オコナー

4月12日にも、中国海軍は台湾近海で軍事演習を行った(写真上はソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦、下は056型コルベット〔小型護衛艦〕) 81.cn

<中国は台湾海峡で大規模な軍事演習を実施、「台湾独立」を力で阻止する姿勢を鮮明にしている>

中国軍は4月18日、福建省沖の台湾海峡で実弾演習を実施した。

福建海事局は4月12日、中国軍が4月18日の午前8時から深夜にかけて実弾演習を実施するため付近の海域の一部を航行禁止にする、と通知した。中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の劉結一主任(閣僚級)は、演習の目的について「祖国の主権と領土を守るためだ」、と中国の国際放送組織「中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)」に語った。南シナ海で軍事プレゼンスの拡大・強化を続ける中国は、軍事力を誇示することで「台湾独立」を封じる姿勢を鮮明にしている。

劉は4月18日に北京で台湾の傅崐萁・花蓮県長と面会した際、「(台湾を中国の不可分の領土とする)一つの中国の原則を堅持し、あらゆる形の台湾独立に断固反対」するよう台湾側に要求した。中国外務省の華春瑩報道官も、定例記者会見でその部分を強調した。

「世界に中国は一つしか存在しない。台湾は中国の不可分の領土だ」

アメリカは1979年に台湾と断交し、中国共産党率いる中華人民共和国を中国で唯一の合法的政府と認めた。だがアメリカはそれ以降も台湾に武器売却を続け、ドナルド・トランプ米大統領は就任前の2016年12月、中国に配慮する慣例を破り、台湾の蔡英文総統がかけてきた当選祝いの電話に応じた。今年3月には、米共和党議員が中心となって、アメリカと台湾の閣僚や高官の相互訪問を促す「台湾旅行法」が成立。中国の猛反発を招いた。

相次ぐ演習

中国は昨年、台湾付近での軍事演習を増加させた。習は3月20日、全国人民代表大会で行った演説で、台湾を中国の一部とする自国の主張に逆らう試みは「必ず失敗」し、「歴史の処罰」を受けることになる、と言った。中国軍は3月、福建省沖に1000人の海軍兵士を集結させて最大規模の軍事演習を実施。4月12日にも南シナ海で史上最大規模の海上軍事パレードを行い、習が空母打撃軍の訓練を視察した。彼はその際、4月18日に台湾海峡で演習することを予告し、海軍の増強は「緊急課題だ」と訓示した。

中国共産党機関紙人民日報系の環球時報によれば、台湾海峡での演習には独立志向の強い台湾政府を牽制する狙いがあるのか、という記者の問いに対し、中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の馬曉光報道官はこう言った。「中国は自国の主権と領土を守るため、台湾独立につながるあらゆる行為を徹底的に排除する決意だ」

台湾外交部は4月18日、中国のH6K爆撃機や戦闘機ストイ30が遠洋訓練のために宮古海峡上空を通過して西太平洋に向かった、と明らかにした。中国軍による同様の訓練は「珍しくない」という。台湾国防部の陳中吉報道官は中国を批判してロイター通信にこう話した。

「中国はなにかにつけて、中華民国(台湾)を俗悪な言葉で脅し、武力による威嚇を繰り返している。われわれの士気に悪影響を及ぼし、社会不安を引き起こしたいからだ」

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月