最新記事

ヘルス

20歳になったバイアグラ、偽物にこれだけのリスク

Stiff Competition

2018年4月25日(水)17時40分
ケイト・シェリダン

バイアグラ(写真)の偽造品には有害な成分が含まれている危険性がある Viaframe-Corbis/GETTY IMAGES

<カルチャーもにぎわせた勃起不全治療薬バイアグラだが、簡単に買える偽造品に米当局は警告を発している>

今年3月27日、バイアグラは20回目の「誕生日」を迎えた。米食品医薬品局(FDA)に認可されて20年が過ぎたのだ。その間、多くの男性がこの勃起不全治療薬を服用。年平均で約15億ドルの売り上げを記録している。

バイアグラはカルチャーの世界でも大人気を得た。ラップの歌詞やテレビのバラエティー番組、映画にも登場し、10年の映画『ラブ&ドラッグ』では「主役」にもなった。

世の常として、有名になると偽造品が続々と出現する。オンラインや街角の店で売られる性的機能強化サプリメントは、処方箋がなくても買える。

こうしたサプリは「天然」成分という触れ込みだが、FDAは警戒を強めている。多くの製品には、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルやFDA承認の勃起不全治療薬で使われる別の化合物をひそかに改変した物質、時にはそれらを有害な形に改変した物質が含まれる。もちろんFDAの規制違反だ。

FDAはこうした製品の製造・販売ルートを追跡してきたが、そこでは当局の「能力不全」があらわになるばかりだ。

勃起を引き起こす化合物の中でも、シルデナフィルは偽造しやすい。「原材料はかなり入手しやすく、安価だ」と、シンガポール国立大学の薬理学者コー・フィー・リンは言う。

しかしシルデナフィルは特定の薬と併用すると、危険なレベルの低血圧などの副作用を引き起こす。しかも、この成分を含むサプリを服用した後に心臓発作で死亡しても、誰もサプリが死因だとは思わない。改変されたシルデナフィルは成分として記載されていないためだ。

FDAで非処方薬と健康詐欺部門を統括するブラッド・ペースによれば、非表示成分を含む薬の追跡は不可能なことが多い。世界中の流通業界や卸売り、小売業者を追う羽目に陥るからだ。

当局とのいたちごっこ

FDAの取り締まりは、ある程度の成功を収めている。11年には、性的欲求の高進や体重減少を目的とする有害なサプリを販売していたノバケア社の社主が、製品に関する6件の重罪で告発され、懲役3年の判決を受けた。16年にもサプリメーカーのオーナーが、詐欺罪で懲役6カ月の判決を受けている。

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月