最新記事

北朝鮮

「金与正なんか知らない...」金正恩の妹に北朝鮮国民が冷たい視線

2018年3月22日(木)13時00分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

2月の訪韓で文在寅大統領と握手する金与正(写真左) KCNA-REUTERS

<金正恩の実母や兄妹については北朝鮮国内で詳細が明らかにされていないため、国民の多くは金与正が誰なのか知らない>

北朝鮮の金正恩党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏。平昌オリンピックの開会式に出席するため北朝鮮代表団の一人として訪韓し、外交舞台にデビューした。この一連の動向については、北朝鮮の国営メディアも報じている。

しかし、北朝鮮国内では、彼女の名前と顔は知っていても、正体について知る人はごくわずかだと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

隠された「出生の秘密」

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、金与正氏が金正恩氏の妹であることを知る人は、高級幹部や外国に行く機会の多い貿易関係者に限られ、一般の人々は「中央の幹部のひとりだろう」ぐらいに思っているという。

「国内では、金正恩氏の実母が高ヨンヒ氏であることや、金正恩氏が金正日総書記の三男であることは詳らかにされていない」(情報筋)

北朝鮮は、金日成主席、金正日総書記、金正淑(キム・ジョンスク)女史など、金氏ファミリーを神格化し、国民に対して徹底的な教育を行ってきた。ところが、金正恩氏の実母や兄妹については全く触れていない。海外経由で情報を掴んでいる人はいるが、彼らもディテールは知らないのだと情報筋は説明する。

もっとも、北朝鮮で、韓国や米国のラジオに耳を傾ける人は、全体の9%とも40%とも言われているということを考えると、実はかなりの人が知っている可能性もある。

だが、金正恩氏やその家族について、「言及するだけでも反逆罪に問われる」(情報筋)ため、知っていてもそう簡単に口外できないのだ。噂話ひとつで収容所送りにされたり、銃殺されたりされかねないということだ。

参考記事:機関銃でズタズタに...金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

例えば、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の情報筋は、中国に派遣されて帰ってきた女性から「南朝鮮で行われた平昌オリンピックの開会式に、代表として金与正同志が行ってきた」という話を聞かされ、「金与正同志とは誰か」と聞き返したという。

「元帥様(金正恩氏)の妹だ。知らなかったのか」と言われた情報筋は「金与正が誰か教えてもらったことはないのに、知るわけないし、知ったところでどうするのか」と反問したという。自分の身を守るため、興味がないふりをしたのだ。

金正恩氏の生い立ちについて知っている高級幹部も、公の場では絶対に話そうとしないという。

「白頭血統とか言われている金正恩氏の実母『平壌オモニム(お母様)』が、実は在日朝鮮人で、その父親は植民地時代に軍需工場の管理人をしていたことは、決して口にしてはならない特級秘密だ」(情報筋)

高ヨンヒ氏は大阪・鶴橋生まれの在日朝鮮人であり、さらに父親の高ギョンテク氏は、第二次世界大戦中に日本陸軍が管理する軍需被服工場で働いていた。外祖父が抗日パルチザンではなく、日本の植民地支配体制の協力者であったということは、金正恩氏にとって極めて都合の悪い事実だ。

さらに、ただでさえ世襲に対する反感が存在するところに、政権に妹まで引き入れたとなると、批判が高まるのは目に見えているからだろう。

「金正恩氏が、金与正氏のことを妹だと明らかにしないのは、三代世襲に対して国民が反感を抱いていることを知っていて、『兄妹がしゃしゃり出ている』という非難を意識したものだ」(情報筋)

金王朝の血統として初めて韓国に派遣され、兄の特使の役割をそつなくこなし好感度を上げた金与正氏だが、北朝鮮国内では意外にも「冷たい視線」にさらされていたのだ。

参考記事:「芸術団虐殺事件」に隠された金正恩夫人の男性スキャンダル


[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 6

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 7

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 10

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月